あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

伊吹くん こんにちは

今回も ウテキアニでのオープンシステムです。
さゆりさんがハワイに行ってしまうので・・・と
Hさんを紹介して頂きました。




里帰り出産で、実家は穂高からも高速を使わないとならない少し遠い距離にある。
しかし、実のお姉さんがウテキアニで二人の子を出産しており迷いはなかったようだ。

何回か東京とこちらを往復し、妊婦健診を受ける。
運転できないHさんにいつも付き添って来てくれたのは、おばあちゃん(お母さん)だった。
ずっと・・と言うより、妊婦健診の間は外で買い物などをし
私たちの空間をいつもさりげなく作ってくれる。

お産が始まった・・・。
しかしなかなか本格的な陣痛が来てくれない。

病院からウテキアニに戻り、おばあちゃんとTさんと3人でご飯を食べる。
お産の話、もうじき実家の近くで長野県でも大々的なお祭りがあること、
などなど、他愛ない話をしながら笑って過ごした。
赤ちゃんはすこぶる元気。

なかなか本格的な陣病がやってこない中、病院とウテキアニを往復しながら
何晩も泊りながらも心音を聴いた。
元気で、「本当に動じないよね~。」と・・・。

私も教わったフラの基礎を、一緒に汗をかきながら一通りやってみたり、スクワットをやってみたり。
遠いところまで散歩に出かけ、
穂高の雄大な景色を見ながらTさんといろんな話をしたこと
旦那さんも電車で駆けつけ、一緒に散歩しながら
タイカレーを作って食べたことなどなど・・・。

筋肉痛になりながらも
ありとあらゆることをやっては見たものの本格的な陣痛はやってはこない。。。。
いよいよ決断の時。
「もうこれ以上は限界がある。破水もあるし明日の朝には病院に行こう。」と。

何で陣痛が来ないのかな~。
と思いながら、以前ウテキアニで出産した方の(何でも書きたいことを書く)ノートが目にとまる。
自分の書いたものもあった。少し読んでみることにした。
あゆみもはるかも、ウテキアニで産まれている。

それにはいろんな事が書いてあった。
ひどいつわりで(2人とも)入院したこと。
ゲーゲー吐きながらも何とか散歩を続け、
食生活を見直しなら
毎日真剣に歩いて体力作りをしたこと。

次女は予定日より9日も遅れて、イライラして前の旦那にあたり
泣いて思いを吐き出した次の日、陣痛がやってきたこと。
(気持ちが開放されると陣痛がはじまったりするんだよ~。のさゆりさんの言葉通り。)
などなどと書かれ、最終的には
「お産はなるようにしかならないのだ」と言うことが書いてあった。

「そうだよな。最終的にはどう産まれて欲しいとか、どこで産まれて欲しい・・とか
こっちがいろんなことを思い、いろいろあがいてみても
「なるようにしかならないんだよな・・・。」と。
あの時分かっていたのに、なんで今悩んでいるんだぁ~と。泣きながら笑ってしまった。

するとたまに食事を作ってくれるTしまさんが私の顔を見に来てくれた。
産まれない事は伝えたが、何故かそのことを話してもいないけど、
ピアノの講師としての立場で同じようなことを言って帰って行った。
「本当だよね~。今そう感じていたんだよ~!」と。
いつも的確な意見を、的確な場所で投げかけてくれる。

「ノートに、Rさんの(お姉さんの)出産の時の記事も載っているし
今まで(出産した人)の感想も見てみてね。。。」と。
旦那さんとHさんに伝え、また心音聴きにくるからね~。と私はその場から離れた。

何回か家とここを往復していた。
何日か子供と一緒には寝られない。彼女達は家で、私はここで産泊をする。
おばあちゃんと子供には本当に迷惑をかけるが、仕方のないことでもあり・・。

私が「今日も一緒に寝れないけど、行ってくるね。」と言うと
二人は「ママ頑張ってね~。」と大きな声援を送ってくれる。
抱っこして別れるが、二人は別れ際に一度も泣くことはなかった。

せめてこんな状況に感謝だけは忘れないようにしたいと思う。


しばらくして心音を聴きに行くとHさんが泣いていた。
「お姉ちゃんの記事を読んで・・泣けてきて・・・。
旦那さんも真剣に読んでて・・・。
こうやって私と旦那さんに学習する機会を与えてくれたのかな・・・と思って。」と。

はるかの時陣痛が来る前に自分が泣いて気持ちを伝えたことを思い出した。
そして「いっぱい泣くといいよ。泣くとさ~何か始まったりしてさ。。。。」と。
そして、お腹に手を当ててみると今までにない激しい動き。
まるで「これから行きますよ~。」と言っているようだった。

そんな夫婦の準備を待っていたかのように、数時間後に強い陣痛が始まった。
ぐんぐん加速していく陣痛。おばあちゃんが来て、サブをしてくれるブンブンも呼び
お姉さんも、K君、Kちゃんもそろった。
いよいよ頭が見えかかった時・・陣痛は10分間隔へ・・・・。そしてお母さんは眠くなる・・・。

そんな事って・・・。
「いったいいつ産まれてくるんだろう・・・。」
誰もがそう感じただろう。
しかしどんな時でも赤ちゃんは元気で、Hさんも元気。

何日もかかってやっと陣痛を迎え、ここまで来たのに
なのに停滞して・・・。こんな時自分だったらへこたれて弱音を吐きまくって泣くだろうに
Hさんは本当に前向きで、吐いても食べて、寝て、いつでもいつでも「どんなことでもやります!」と。

そんな気力はどこから来るんだろう・・・?と思ったとき
その隣には、おばあちゃんの笑顔と、いつも前向きな姿勢と、明るい励ましの言葉があったのでした。

多分この家庭はお母さん(おばあちゃん)が太陽だったんでしょうか。
今までどんなときも前向きに励ましてくれていたお母さん(おばあちゃん)の顔が目に浮かびました。
それがTさんに伝わり、お姉さんに伝わり、旦那さんに伝わり、赤ちゃんに伝わり伝わっていく・・・。
家族っていいなぁ・・・と。

今までのいろんな疲れが出たのでしょうか。
ラストの力を貯めるかのように何時間もの10分間隔の休憩をお母さんに与えてくれました。
夜になり、
「もしかして小百合さん待ち~?!」と。
そして小百合さんもハワイから帰宅!ちょっと覗きに来てくれました。

赤ちゃんが横向いてるね。とロミロミしてなおしてくれました。
「今日じゃダメってことなんでしょう。横になって休めば産まれるんじゃない。大丈夫大丈夫。」

このさゆりさんの言葉が、「いつか産まれる」と言う気持ちを後押ししてくれました。

「そうかぁ~明日なのかね~。」
「すごいね。やっぱり一番がいいんだぁ。」(4月1日は前学年になるため)
などと、日常の会話があり、いつも楽しく笑いがある現場でした。
赤ちゃんも心地よかったことでしょう。

私が普段のいつもどおりの家族(家)の中に入っている
そんな気がしました。
何かマイナスの方向に向いた時は、周りの雰囲気はとても大事だなぁと思います。

少しして、次の日を待っていたかのように
陣痛は加速しだし強い強い痛みがやってきました。

4月2日 0時42分 男の子が産まれてきたのでした。
どんなに強そうな子だろうとみんなが思っていましたが
産まれてきたそのお顔は、とても穏やかな表情でした。

赤ちゃんは産まれたい日、産まれたい時間に、産まれたい場所で出てくるんだな~と。
私たちはただただ待つことしかできないのだな・・。と。
これが本当の自然出産なのだな・・と感じました。

後からHさんが「あ~して(私と)二人で模索しながら歩いたり、スクワットやったりいろいろやった事で
妊婦健診が少なかった分、赤ちゃんが私と岡村さんとの信頼関係を結ばせてくれたんだな~と思います。
だから全然不安がなかったんです。夫婦そろってノートを読んで、
お母さんが来て、お姉ちゃんが来てKとKも来て(お子さん)、全て整ってやってきたんだな~って。
私一人では産めなかったです。
赤ちゃんて、みんな見てるんですね~。本当にすごいです。」と。

お父さんのお風呂
b0156557_2259223.jpg

b0156557_22591813.jpg

そっくりかな!? ものすご~くリラックスしてますね。

ご飯
b0156557_23175175.jpg

いつも朝飯(柴ちゃん)と夕飯(のりえさん&まゆみさん)を撮りたいと思っているのに~・・・。
お昼・・・。入園式、入学式があり、まなみさんも協力してくれました。
みなさん、ブンブンそしてさゆりさん本当にありがとうございました!

入院期間が長かった分沢山お話をすることができました。
そして最後。退院の日

b0156557_23333674.jpg


「本当にお疲れさま~。」とハグすると、

「岡村さんとはこれからもずっと、何か・・続いていくような気がします・・。」と。
Hさんが泣き、私もポロポロと泣いてしまいました。

ご縁を頂き今回も沢山のことを学ばせて貰いました。
本当にありがとうございました!

また1ヶ月健診でね!
[PR]
Commented by ちえ at 2010-04-22 13:24 x
お疲れ様でした~!なかなか強い陣痛が来ない状況が私と似ていて、自分の事のようにハラハラドキドキしながら読ませてもらいました。ウテキアニで産めてよかったですね! 
赤ちゃんかわいい~!

私もほんの半年前なのに、岡村さんと一緒に産んだ世界が、もうすっかり昔のことのよう・・・。でも、こうしてずっとつながって、違う方の出産を感じることができて、そして自分のその時の感情や情景も、思い出せるのは、とても幸せです。

p.s. 私もようやく思い腰をあげて子育てブログ始めました~☆ 過去の出産や妊娠の事も少しずつ書いていくつもりです。
Commented by oka-ayuharu at 2010-04-22 16:58
おちえさん こんにちは
ありがとうございます(^^)

ブログ始めましたか~!!教えて下さいね。
やまめHP見れば分かるかな?

沢山の人で賑わっているみたいで私も嬉しいです!
じゅんくんの成長・・・楽しみにしていますよヽ(^o^)丿。
by oka-ayuharu | 2010-04-17 23:39 | お産 | Comments(2)