あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ゴボウシ

オッパイがつまる人が漢方屋さんで牛蒡子を注文し
飲んで?と言うより摂っているのですが、

この「ごぼうし」
ちょっと誤解していたようで・・・。ごめんなさい

マクロの先生に聞いてみましたので先生からの見解をお伝えします。




牛蒡は炎症を抑えたり解熱作用がある物だそうです。
漢方のゴボウシ・・・凝縮され薬効が強いと言われています。

ごぼうし・・・極陽(極陽性)、故に補完して持っている極陰性な成分(アクでもあるそうです)
が炎症や熱を持っている陽の状態を中和してくれると考えられるのでは。

調理してアクを中和した牛蒡料理は陽性食物として腸に行き、
余分な水分(陰)や有害物質(陰)を繊維質(陽)が吸収して排泄してくれています。

共に炎症を起こしているときは対処療法として牛蒡子がよいのでしょう。

ゴボウシを飲んで、炎症が治まった後に
身体が冷えてしまう陰性体質だったら(冷え性の人)、
穀物主に金平牛蒡など身体を温めるお食事をすると良いでしょう。

動物性食品の取りすぎで血液が濃く陽性で乳腺が詰まっての炎症だと、
生野菜を増やし主食にうどんを入れたりと、
この陽性タイプの人には、しばらく牛蒡子の連用も良いのでしょう。

私のつまりは、陽性タイプでした。特に油物を多く摂るとつまっていました。
ゴボウシは飲まなかったけど、なるとひたすら食や生活を見直していましたね(>_<)。
なるときは結構生活も乱れていたり、外出も多かったりで。

陽性に傾いているお母さんのお乳は塩辛く、
陰性に傾いているお乳は酸っぱいそうです。

そういえば良くお乳の味を確かめていました。
皆さん「飲んだことない~。」とかおっしゃいますけれど・・・
自分が作ったお乳ですので、是非ご賞味してください。

因みにつまると私はいつもしょっぱかったです(^^ゞ。

良く分からない人もいらっしゃるかもしれませんが
すべての物は、陰だったら陽とか、相対するものに引かれあっているんだそうです。
(つまり持ち備えているという事)
夫婦も同じだったりして。
自分も人生も同じで、穏やかな時もあれば荒れ狂う時もあり
それが生なのだなと思います。

「ゴボウシ」
今回はとても勉強になりました!

因みに、いつも頼るのは「松川ナリッシュ」の「のりこ先生」です。
皆さんも是非お会いしてみて下さいネ!
[PR]
by oka-ayuharu | 2010-05-04 22:24 | 日々の出来事 | Comments(0)