あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

美海(みう)ちゃん  こんにちは! 

今回のご縁は助産婦学校の同級生、友人であるKず。



ここ2年くらいの前に、カイポさんのワークショップで出会い再会、
その後imimoのメンバーとしてもちょくちょく会うようになった。

ステキな薪ストーブ、吹き抜けの木造のお家。
ここでどんなお産になるのだろうとワクワクしていました。

妊娠中は、早くから妊婦健診を受け、散歩、フラ、薪割り、鍼の先生の所にも通い
とっても熱心にやれることをやっていたね。

なかなか時期になっても兆候が現れず、
必死に薪割りをし、フラを踊った予定日から1週間遅れの夜中・・・。
お産が始まりました。
痛みは時には強かったり、弱かったり・・。
まるでお母さんの身体を理解しているかのように
お母さんの体力を、自分の体力を温存させながら
少しずつ降りてくる美海ちゃん。

川岸を何度も散歩したり、家の2階でフラを踊りながらボディワークをしたり。
旦那さんとドライブに出かけたり・・。
鍼の先生もきてくれたね。
いろんなことをやっては休み、動と静を繰り返していました。

少し休んでは、しかし止まってはくれない痛み。
身動きとれずに、思うように進んでくれない苛立ちが沢山有ったことでしょう。
葛藤があったことでしょう。

旦那さんもぎりぎりのところまで仕事を休んで、ひたすら付き添って頑張っていました。
私も2日目から泊り込み、ブンブンも何度も応援に駆けつけてくれ、最後は一緒に泊まりました。
私達3人は同級生、まるで学生時代の産泊のようだったね。

4日目の朝、小百合さんにも許可を頂き、本人も頑張ると言う事で
ウテキアニでもう一晩様子を見ることになった。
すると、イモイモのメンバーも駆けつけてくれ・・・
お腹の子に「お~い、早く出てここいよ~!!。みんな待ってるよ~。」とか
「安産パワー」と言ってお腹をさすってくれる人
「うちの子が皆待ってるからね~っ。ご飯作るよ~。」とお腹の赤ちゃんに言い聞かせてくれる人
みんなみんな励ましてくれました。私もとっても勇気づけられました。
本当にありがとう!!

痛い中でも
気付けばいつもそこに笑いがありました。
涙がありました。沢山の励ましがありました。


そして、病院になるかならないか・・・の所まで来た時、小百合さんが
「病院では思い通りに事が進む事が沢山あるけれど
 自然出産はそうじゃない。

 人生だって思い通りにならないことがいっぱいいっぱいあってさ。
 お産で、お母さん達は私達にそれを沢山見せてくれるんだよ。
 だから私達も学ばなければならないのよ。」と。


一人になって車を走らせながら、
その言葉を思い出し、涙が止まらなかった。。。
いっぱいいっぱい泣いた。 すごくすごく納得できた。

スムーズに行くお産もあればそうでないお産もある
しかし、全てを受け入れる。
その中にものすごく人を、心を動かすドラマが沢山あるのだ。
それが、それこそが自然出産なのだ。

ブンブンが酵素玄米を炊いてくれたこと、小百合さんがトロトロのお餅を作ってくれたこと、
それがどんなに美味しかったか。沢山の人の励ましがどんなに心強かったか。

最後の夜は、Kずも流石に不安になり、もどかしさ、全てを吐き出しながらも
少し眠りに付くと、いつもと変わらず朝は訪れた。
ここまで赤ちゃんが元気だったのも、お父さんがいてくれて、
お母さんである彼女が、いろんな気持ちをいっぱい吐き出して、
泣いて、笑って、彼女らしくいられたからじゃないかなと思う。

後で聞いた話ですが、この日の朝、
旦那さんと二人で「ここまで良く頑張ったね。。。良かったね。」と泣いたそうです。

赤ちゃんはすぐそこまで来ていたので
病院に行くとすぐに分娩室に通され、
最後はお父さんの見事な協力で
1時間もしないうちに赤ちゃんは出てきました。
赤ちゃんは何事もなかったように、とっても元気でした!!
Kずもお父さんも号泣。
私も嬉しくて泣けた。

その後もいろいろとあったが、深い眠りにつき
目覚めた時はすがすがしい表情になっていました。

退院の許可(自宅で生活して良し)がおり、次の日に、病院に迎えに行くと
彼女が
「本当に幸せなお産だった。いやぁ~本当に良かった。ありがとう!
私らしいお産が出来て良かったよ。
あの5日間は私達2人にとって必要な5日間だったんだなぁって
今になって改めて思うよ。」と泣いて笑って言ったのでした。
5日間の疲れは全く感じなかった。ホント女はすごいね!

振り返ってみれば、夫婦二人、家族に必要な事が起こっただけ・・・。か。

自然に産む・・・。結果はどうであれ
そこまでに生まれる数々のドラマ、心を動かされる出来事
それが自然出産なのだな・・・と改めて感じました。

一旦ウテキアニに戻った時
b0156557_5352876.jpg

同級生3人
b0156557_5354733.jpg

パパと   右がお家の中にある大きな柱
b0156557_536217.jpg

b0156557_5361868.jpg


私も沢山沢山学ばせて貰ったよ。
本当に本当にありがとうね!

お疲れ様でした!ゆっくり休んでね!

そして家で待っていてくれた家族も本当にありがとう(^_-)。
[PR]
Commented at 2012-10-25 23:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by oka-ayuharu | 2010-11-28 05:42 | お産 | Comments(1)