あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

体操部Ⅱ

久しぶりに、東京にいるAが帰って来るとのことで皆で会う事にした。



久しぶりと言っても半年ぶりか1年ぶりか。。。
毎度、女4~6人も集まれば話は尽きない。

高校を卒業してから20年来ずっと続いてきた仲間だ。
もちろん、誰かがしばらくいなかったり、ひょっこり顔を出したり。
それでも何とか、誰かがいつも繋がっていて、そうして続いてきたのだった。

~ここでメンバー紹介~
リーダーで部長の(A’)
(地元でこの人を知らない人はいないという位の知名度。ハスキーボイスでいつも忙しい日々。現在も将来オリンピック選手になりそうな??子供達を育てています)
副部長 (私)
(体の硬さナンバー1。自称盛り上げ役??無知だが時々語り人となる)
縄で活躍(A)
(いつも一生懸命。大丈夫、大丈夫!(可愛い(*^。^*))が口癖だが時として心配性)
柔軟性抜群(J)
(一番のホープと言われた女。遅刻度97%。やんわりした口調で何でも聞いてくれる。)
マネージャ(A’’)
(一番の盛り上げ役&世の中の事は大抵何でも知ってる。友人多数。高校からの変身度は学年1位?)
マネージャ(A’’’)
(努力家で自由人。容姿端麗。外国どこでもお任せです。打算的な一面も(笑))

以上6人が同期の体操部で、
マネージャーの方がスタイルが良かった(笑)。
期待度は高いのに、いつも県大会では1位になれず、ず~っと2位のまま…。

でも2位だったけど、こうやって笑いあえる友達がずっといるってすごいよね。
子供にも、勉強はできなくてもいいけど
とにかく友達は作っておけって言いたいよ。と。

そんなとき、東京に住むAが
今すごく不安な毎日で…。と、こらえていた涙を流した。
いつも一生懸命なAの事。

情報社会の中で、水、食べ物、空気などとても心配になっていて、
子供たちのこの先の人生や世の中を考えてしまうと辛くなる…とのことだった。
自分がこうだと子供にも伝わっていけないのは分かっているんだけど。
そして、とあるミス??をして子供に怒られたのだと…。

地震が起きてから、都会であの時張りつめて頑張ってきた母たちが
ここにきて少し緩み出し、いろんな事が出てきたのかもしれない。
「いっぱい泣いたらいいよ。」と言った。

そして、
「A~。大丈夫だよ。
完璧な母親なんていないんだよ~。誰も教えてくれる訳じゃないし、
一緒に大きくなって行くんだからさ~。
今子供に何かあるわけじゃないんだから、
反省して、これから気を付けて行けばいいんだからさ~。」と。

「これからそんなことい~っぱいあるよ~。
私なんか子供に(ダメ出し)言われっぱなしだよ~。」と。

「ゆっくりこっちにいたらいいよ。
TVや情報はあまり入れないでさ、ゆっくり土を触ったりしてさ。」

なんて、
土地柄なのか、メンバーだからか、みんなの大らかな対応に
どこか安心したようだった。

そこからPTAの話やら、子供の話やら、夫の話や
何やらで大笑いして語り尽くして時がすぐに過ぎて行った。
まだまだ語りたいけれど
お互い家族がいるので、また今度ね。。。。と別れた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いろんな事が起きて
心に衝撃が走ったとき、
人は今に居れなくなるという。

「これから~したらどうしよう。~だったらどうしよう。
あの時あ~だったからいけなかった。こうだったらよかったのに。」
良くよくみてみると、未来や過去に気持ちが行ってしまって
「今」に気持ちがないと言う事。

そうなると、妄想だけがとりまいて自分を不安にしてしまう。
結局不安や心配を作り出しているのは「自分の思考」だと言う事。
それに気づく事が大事だと。

大事なのは「今」。
今、子供は笑っている。家族は元気だ。
住める家もある。作物は育っている。
だったら今に感謝して生きるべき。
今住める環境に感謝して生きるべき。
今ある仕事に感謝して生きるべき。
今ある食べ物に感謝して生きるべき。
それが与えられた人生なのだ。

人はいつ死んでしまうかも分からない。
だからいつも「愛している」ことを表現してく事が大事。
行ってきますの時、
別れる時も
いつも笑って
許しあって
仲直りしてバイバイする。
とにかく今に生きること。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんて、ちょっとかっこつけ過ぎか??

師匠の小百合さん、カイポさん、ナリッシュののり子先生…
いろんな人に教わった事
本当にこれからはそういう事がとっても
必要になってくるんだろうなって思う。

あの時学んでおいて本当に良かったなぁと
心から思う。
そして実践して行かなくてはいけない。
長い長い道のりだけど。


また会おうね!
[PR]
by oka-ayuharu | 2011-05-07 11:08 | 日々の出来事 | Comments(0)