あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

待つこと

今朝方、お産がありました。



私の相棒である「ブンブン」が豊科で自宅兼、助産院愛花(あろは)を開業しました。
全てに無垢材を使用した、
大工さんが建てた素晴らしいお家、兼助産院です!

新築の木の香りがとても良くて、あちこちで匂いをかいじゃいました。
そのブンブンから夜中に電話。
助産院愛花での出産第1号である妊婦さんがもうじきお産になるとのこと。
駆けつけてから間もなくして、元気な男の子が誕生しました。

おめでとうございます!&ブンブンもおめでとう!
健やかな成長をお祈りしています。

そして、ブンブンこれからもよろしく(*^^)v
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近寒くなってきて、おっぱいのトラブルが多くなってきました。
X'masもあるし、お正月もあるし
その前のメンテナンスとして…と、マッサージを受けられる方もいらっしゃいます。


そんな中、出生してから、陥没乳頭のために、なかなか赤ちゃんが直接吸い付いてくれず
ひたすら搾乳をつづけていたお母さんの事を少し。

病院を退院してから、赤ちゃんは自分のお乳に直接吸い付く事が出来ず
顔を近づけると怒ったりして、、、結局搾乳したものを飲ませたり格闘の日々。
キャップをつければ飲める時もあるのですが…。

見通しがつかない自分へのいら立ち。
搾る事で手が腱鞘炎にもなったり
搾乳やミルクは哺乳瓶でゴクゴク飲むのに
自分の乳首は嫌がってしまう、自分を責めたり。。。

いろんな葛藤があります。

私がそのお母さんにしたことと言えば
2週間に1回とか、とにかく顔を合わせて
「大丈夫、絶対搾っていれば吸えるようになる。」と。
もちろん吸わせ方や体重、哺乳瓶での量も合わせて見て行きました。

1ヶ月、2ヶ月と過ぎ、その間にも
無理のない、いろんなやり方でやって行きました。

赤ちゃんが大きくなってきて、哺乳力もついてきました。
お母さんも搾っていると、乳首が柔らかくなってくるんです。
だんだんタイミングが合ってきました。

そして3ヶ月過ぎた時、ようやく両方のおっぱいを直接吸え
量も足りてきたのです。
お母さんに会うたびに、少しずつ自信がついてきたお顔になって
最後は本当にいい顔をしていました。

「ここまで良く頑張ったね!本当に偉かったね。」と言うと

「本当です。自分を褒めてやりたいです。
時間が経てば吸えるようになるんですね。
まさか、○○がおっぱいをこんなに飲んでくれるようになるとは…びっくりですよ。
いろいろあって、何度も諦めようと思ったけど本当、諦めなくて良かった。
ここまで長かったけど、私にはこういう事も大事だったんだなって思いました。
みんなに絶対吸えるようになるって言いたいですね。」と

笑って帰って行きました。

育児って(お産もそうですが)、すぐに答えが出ない時が沢山ありますよね。

今、物があふれていて、すぐにお金を出したりすれば解決できてしまう事が沢山ある。
だから、私たちも(もちろん私も)何か起こったとき、
すぐに結果や結論を求めがちなんですよね。
だから苦しむし。

でも、今回のケースのように
本当は、なかなか答えが見つからない事が人生(育児)には沢山あって、
ゆっくり今やる事をやって、ひたすら待つ事、信じる事が大事だと
昔の人は物なんかなかったから、
自然にそういうことをやっていたのだと思います。

時間もゆっくりだったし。

私はそんな事をお産で、自分の子育てで、皆さんの子育ての相談で教えられている気がします。
ゆっくりやるべきことをやって待つこと

今の私にも必要な事かもしれませんね。
[PR]
by oka-ayuharu | 2011-12-15 17:02 | 日々の出来事