あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

錬太郎(れんたろう)君  こんにちは!

Yっこちゃんのお産が終わると、今度はHさんが始まりました。



Hさんも初産婦さん。

健診の後、
「これから仕事なんですよ~。」とか、
「仕事帰りです。。。」とかで最後まで働く妊婦さんでした。
ご夫婦で、お産のワークショップにも参加してくれましたね。

近所の神社の夜桜がきれいだったのを覚えています。

1日目は…
思えば良い陣痛でした。
「この痛みが続けばいいよね~!」「まだまだだからね~。」何て、
話したのを覚えています。
5分間隔の良い陣痛が来だして、助産院に移動。
汗もかいてきてるし「これは進むかな~~~?」と思いましたが、
間隔がなかなか縮まらず、結局朝を迎え遠のいてしまいました。。。
「赤ちゃんが産まれたいのは、昨日じゃなかったんだね。。。」なんて言いながら、
一旦帰宅。
二人の背中を見送ったのを覚えています。

2日目は弱い陣痛は来たけど、結局良い陣痛にはつながらず、次の日を迎えました。

3日目になりやはり病院に行くことに。。。
提携させて貰っている病院。
最後まで、私達助産師を付き添わせて下さいます。
本当にありがたいです。

午後、旦那さんは一旦仕事に。

雑誌を見ながら陣痛を待った時
休憩室でお茶を飲みながら「よし、行こうか」と気合を入れた時

陣痛が付きだして良い状態になって
分娩室に移動したけどなかなか降りて来ず先が見えなくなるくらい
ゆっくりな赤ちゃん。

逃しても逃してもやって来る陣痛。
赤ちゃんがなかなか下がってこないジレンマを、旦那さんにぶつけた時。
「もう嫌!点滴止めたい!」と言って陣痛を逃していたとき
(感情や涙を出すとお産は進むと言います)

「そうだよね。やめたいよね。。。」と言いつつ、私は祈っていました。
「どうか、安全に産まれますように。
どうか、痛みが最小限で終わりますように…。」と祈っていたけれど
痛みは当たり前だけど、定期的にやってくる。

今思えば、一番つらい
あの時、骨産道を抜ける腰が割れる位の痛みだったのかもしれません。
すすんで来る顔の向きが普通と逆方向を向いていたため(回旋が異なっていたので)、
普通のお産より長くかかったのでした。

あ~。
神様は私たちに必要な痛みは取り除いてはくれないのだな。。。と。
選ばれた人がその痛みを乗り越えるために味わうのか、、
それは分かりませんが
この痛みを乗り越えた後の喜びを味わえと言う事なのか、、、
この痛みの一つ一つの間に、明るい兆しをみつけて行けと言う事なのか、、、と。

ならばこの陣痛をひとつひとつ逃していくために私たちがする事は。。と
ひたすら、「もうじきだよ~。頑張ってる頑張ってるよ。。」と。
「痛いよな~。M頑張ってるぞ!」と旦那さん。
旦那さんも、疲労で意識ももうろうとした中、
前向きな言葉で励まし続け
ひたすら交代で腰をさすりましたね。

そして赤ちゃんが何より元気で、少しづつ答えを出して、進んでくる。

思ってみれば、、、珍しいことに病院で他のお産の方がおらず
拘束の助産師さんも夜もずっと残って見に来てくれました。
先生も深夜~明け方だと言うのに何度も足を運んで下さいました。


最後は…
朝を迎えましたね。
旦那さんも協力!
みんなで協力して
夫婦で錬太郎くんを産んだ!そんな印象です。

私は産まれてポロポロ涙が出ました。
「良かった。無事で良かった!お疲れ様!」そんな思いです。

長いお産は年に1~2回位。

でも、やっぱり味わうと勉強になります。
そして本当にいろんなことを教えてくれます。
命は尊いもの、お産は素晴らしいものです。

ありがとう
そしてMさん本当にお疲れ様でした。

b0156557_2343167.jpg


お産ノートから
「出産し終わって、何日か経っても不思議と言うかなんと言うか…
あんなに豆つぶみたいなのが、10ヶ月でこんなに大きくなって
産まれてくるなんて、お腹のシャックリが生で聞けるなんて、
大ざっぱに言ってしまうと、お産ってスゴイ!
沢山の人にお世話になり沢山の人にお祝いしてもらって本当に幸せです。」

2日目位に面会に行くと
あんなに辛かっただろうに
「今度は助産院で産みたいです。出来れば早くに…。」と言って
笑っていたMさんの表情に
私は「女ってスゴイ!!!」と改めて思いました。

私だったらあの痛みは気絶してしまって
弱音を吐きまくっているだろうに本当に良くがんばりましたね。
最後もいろいろあったけど落ち着いて良かった。

ゆっくり休んで下さいね!
ご縁をありがとうございます。

また新生児訪問でね(^_^)/~
[PR]
by oka-ayuharu | 2012-05-20 23:17 | お産 | Comments(0)