あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

天愛(あまなみ)ちゃん こんにちは!

今回のご縁は、
我が家からはちょっと離れている
山郷にあるMさんのお宅。



はじめにお家にお伺いしたのは秋でしたね。
紅葉がきれいでした。

これからは冬で通えなくなるから
下りてきて健診しましょう。と。

何だかいつも笑いある健診だったような。。。
いろんな出来事があったけれど、
その時その時の気持ちを上手に表現していたMさん。
いつもその隣には仲良しの旦那さん。
夜勤明けなのに、いつも嫌な顔せず出迎えてくれました。

口数は少ないけれど
大事な事を伝えてくれる、働きものの旦那さん、
そんな印象です。

産むときはちょうど、桜が咲いていました。
b0156557_23171948.jpg

1カ月健診は藤の花が咲いていましたね。
新しい芽がどんどん芽吹いてきている、そんな印象でした。

そうして四季おりおりの景色、
土の匂い、澄んだ空気を感じられる場所に行けることが
私は幸せでした。

お産ノートが素敵な文章だったので、載せさせて貰いますね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
出産して3日後、ようやく訪れた家族3人、川の字で横になる時間、
Mちゃん(旦那さん)と天愛を真ん中に、
手をつないだらお産のクライマックスがよみがえってきた。
差し出してくれた手をものすごい力いっぱい握りしめたこと。
体全部、全身全霊エネルギーを込めて支えてくれたこと。

思い出してジワジワ泣けてきていたら
Mちゃん(旦那さん)も同じく泣いていたらしく、2人でしみじみと幸せを感じた。
その間でスヤスヤと寝ている天愛。
ちいちゃな体で誰より頑張って、元気に出てきてくれたね。

パパに受け取られ、2人繋ぐ、へその緒を切り離してもらった。
家族3人、力を出し切り、全ての事がしっくりおさまっていった、素敵なお産になりました。


東京から水のきれいな古民家暮らしを描いた最初のきっかけは
真っ黒な川の流れる道を通勤していて感じた羊水の危機。
現象と潜象は繋がっている気がして、
いつか宿すであろう子のためにもキレイな羊水を取り戻したい
そう思った。

自分一人が良くなればいいわけじゃ決してない。でも、まずは自らの身体から。
こんな想いは「衣食住を手で賄う」「土に近づく暮らし」と深まっていき、
思い切って仕事を離れ、まずはジェンベ(アフリカの太鼓)を連れ一人旅。
思い切り遊ぶことから。
熊野・龍神・高野山。宮島・熊本。タイ・ラオス。石垣島。
いろんな人との出会い、色んな暮らしのあり方。
沢山の種を握りしめ帰ってきた。
そしてMちゃん(パートナー)とのジェンベのリズムの歓びの中での出会い。
太鼓のふるさと西アフリカへ大旅行。
色んな街や村、人びとの衣食住に触れ、暮らしのイメージをスケッチし
縁あってここに暮らしを構えました。

そして畑作り、草花の移り変わり、虫や生き物の観察、雄大な景色の中
ビビットな暮らしの中、天愛を授かりました。

お産についても自宅で迎えたい想いがありました。
希望はMちゃんがいて、
もう一人、お産の流れを分かっている女性に居て貰い、
3人静かに赤ちゃんを迎えたい。
ただこれはあくまで到達点であり、何か条件が整わない時は流れに逆らわない。こんな気持ち。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妊娠中はそれを分かっていてか、
試すようにいろいろな事がありましたが
しかし、最後は全てクリアになりましたね。

お産は丸2日かかりました。
陣痛は伸びはしましたが止まる事はなく
静かに出産を迎えた感じがしました。
私的にはバタバタだったかな…(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

陣痛。。。
いつ終わるか分からない地道な、ひたすらな、ひたむきなお仕事。
でもそこに輝く命があること、小さいからだで頑張っている天愛がいること、
出してやらなきゃと言う気持ちが支えだった。
いきみが来て、いよいよ登場。
「ドゥルン、ドゥルン、ドゥルン」と言う感触。
ほどなく「おぎゃ~!」と力強く泣き
胸にやってきたのは
ちっちゃな、まん丸な、思っていたよりホカホカの赤ちゃん。
こんなホカホカなら、10か月寒い冬も平気だったね。と安心。

そして良く来たね!の歓びでいっぱいになった。

うまれて、上手く行くと思っていた授乳。
なかなか、二人のタイミングが合わず苦労したけれど
良く頑張りましたね。

手で搾るように言われても、地道な作業で、手についてしまって、
なかなかたまらない。赤ちゃんに栄養をあげたいのに
上手く行かず切なくて泣けたお七夜の夕方。。。

しかし、ちょうどそのあたりからお互いのバイブスも合ってきて楽な姿勢で
リラックスして気持ち良い授乳タイムがやってきました。

まさかの早速の試練も見守ってくれてありがとう。
私達夫婦の初のお産。一生の宝を共有してくれてありがとう。
ステキな天愛の誕生日を共に歩んでくれてありがとう。
これからもよろしくお願いします。

Love of Universe
b0156557_2333157.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらこそご縁をありがとうございました!
お疲れ様でしたね。
前向きで明るいお産でしたよ。
ゆっくり休んで下さいね。

また会えるのを楽しみにしています~~~!!
今度、華麗な踊り見せてね♪
[PR]
by oka-ayuharu | 2012-06-11 23:38 | お産 | Comments(0)