あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

瑛斗(えいと)君 こんにちは!

今回のご縁は
我が家の近くにお住いのOさん。



高齢初産だけど、高齢に見えない(旦那さんが年下だからでしょうかね!?)
お肌ツルツルの初産婦さん。

妊婦健診で
「1日3時間は歩いてね。」「高齢だから3日はかかると思って頑張ってね。」
(え~!!)「が、頑張ります…」
頑張れませんでした。
仕事は産休に入ったものの在宅で仕事を続け
結局あまり運動しないまま、なんだかんだで、おしるしが出る前日まで机に向かっていました。
(こら~~~っっ!!)

~~~お産ノートから~~~

おしるしが来て2日後
夜中からが陣痛との苦しい長い長い戦いになりました。
正直、こんなに辛いものだと思っていなかったです。

普段冗談を言って笑わせている旦那さんの背中がとても大きく感じました。
旦那さん本当に感謝です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初に呼ばれたのは朝方。
「まだまだこんなんじゃ産まれないからね~。」
散歩して、お風呂に入って、ごはん食べて寝てリラックスしてね!と。
赤ちゃんが元気な事を確認し一旦帰宅。

夜になり強くなってきたので助産院へ。
良い陣痛が来てゆっくり進んでくる。
朝になりやはり時間もかかるため
帰宅したり、戻ったり、食べたり、寝たり。。。

だんだん日も暮れ
陣痛は規則的に来てはいるが
有効になってこない。。。

何とか頑張って栄養価の高い食品を口にしてみるものの
疲れからか陣痛が弱まってしまい、
最後のガツンとしたものがやってこない。
子宮口もあと数センチなのですが…。

「明日の朝には病院に行きましょうか。」と。
期限をつけるとやる気を出し、
時間と共に出てきてくれる赤ちゃんもいる。
瑛斗君はのんびり屋さんだったのかな…??

夜も、陣痛は弱めながら止まる事なくやってきていました。
しかし最後のいきみに繋がりません。
旦那さんと二人で陣痛が来れば腰をさすり、
これを繰り返していましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝になり、岡村さんに
「このまま病院でお産になっても、それを受けいれてね。」と言われ
へこみましたが、もう体力の限界を感じていたので全てを受け入れようと決意しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

車で揺られ陣痛も来ているため
ゆっくり病院に行きました。

先生に、
「あと少しなのですが…。よろしくお願いします。」
と、最後の一押しをお願いしました。
病院に着くと…。
なんと開いていなかった子宮口が開いており、陣痛も強くなってきている!
このまま病院でお産にしましょうと。

「促進剤なしでも産まれるかもしれないよ!」と。

ゆっくり栄養のみの点滴を受けながら分娩台で様子を見ていると良い陣痛に。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
分娩台にのった辺りから、
猛烈な陣痛がやってきました。
いきみ始めて10分15分位でしょうか。

その(産まれた)瞬間、これまでに感じた事のない
例えようもない快感でした。(産まれた!!)

お腹の上に乗せてもらった真っ赤な我が子を見て涙が止まりませんでした。
やっと会えたね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元気な元気な赤ちゃんを見て
「おめでとう!可愛い!良かったね!
 もう~。。。もうちょっと待ったら産めたのかなぁ??
 もうちょっと早く気合い入れてくれたら良かったのに~。」
なんて瑛斗君にこっそり言ってみましたが…。

全ては瑛斗君が決めた事なんだね。

どこで出産しようと、頑張るお母さんがいて、その隣に旦那さん、そして助産婦がいて
陰で見守ってくれたお母さん(おばあちゃん)が居て、産まれて来た。
全ては安全に産まれてくれれば良いのだと思います。

本当に本当にお疲れ様でしたね。
そのあと、先生から許しが出て無事退院し
楽しい入院生活が待っていましたね。

いろいろ苦労することがあったけど
持ち前の明るさでがんばっていましたね。

~旦那さんより~
50時間もかかる、苦しいお産でした。
ちょうど、ゴールデンウィーク中で、ずっと奥さんの近くにいれたのは
神様からのGiftでした。

私と岡村さんの間に奥さんがいて、
陣痛が強くなると二人で起き上がって、奥さんの背中をさする…陣痛が引く…。
また強くなって、起き上がってさする…。

これをずっと何十時間もやってるのが(自分はたまに寝ちゃってましたが…)
大変だったけど、修行のような合宿のようで、楽しかったです。
”楽しかった”と言えるのも無事、赤ちゃんが産まれてくれたからですね!
苦労した分、喜びも大きくて、産まれた時も夫婦で号泣でした。ありがとうございました!


次の子もいけるか、まだ分からないけれど
その時もまた絶対お願いします。
b0156557_22514836.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらこそお願いします。

デスクワークの妊婦さん
自宅や助産院で産むために、
これからどうやって妊娠生活を送って行くかを指導すること…
私の課題となりました。ありがとう!

1カ月健診の最後に、Sさんが一言
「授乳が終わったら岡村さんと呑みに行きたいです。」とSさん。
その時は、是非行きましょうね~。

しばらくおっぱい・育児大変だけどのんびり頑張って下さいね!

産後はいろんな変化があります。
悲しいと思ったら沢山涙を流して、
笑いたいを思ったらいっぱい笑って下さい。
可愛いを思ったらいっぱいスリスリして下さいね。

育児は誰もが初心者で、子供も一人一人違う。
いろいろあっていいのです。

また新生児訪問とベビマでね!(^^)!
[PR]
by oka-ayuharu | 2012-06-19 23:31 | お産 | Comments(0)