あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

さつきちゃん こんにちは!

今回のご縁は生活クラブでの班会におじゃまさせて頂いたのが出会いでした。



まさかあの時の出会いで、Tさんのお産を担当させて貰えるなんて。。。
本当にありがとうございます。

野外保育に上の子を預け
下の子といつも一緒に健診に来て下さいました。
いつも始めは照れ臭そうにしているMちゃんも
健診の終わりには慣れてパワー全開でしたね。

そんないつも一緒の上の子2人でしたが、
産前・産後の生活やいろいろな事を考え
子供を実家にあずけ、
旦那さんと2人でお産を乗り越えることにしました。

~お産ノートより~

『時には出血したり
 恥骨が痛くなったり
 あ~大変、自由時間欲しい~、一人になりたい!!と思っていたけれど
 実際騒がしいお嬢さんたちが実家に帰ってしまうと
 1人ポツ~ンと張り合いのない時間。。。 ツマラナイ。。。
 
 こんなにも長い間お姉ちゃんたち2人と離れて過ごしたことはなかったから
 主婦生活、お母さん生活も、実は満たされながら日々送ってきたんだな~と思えるようになりました。
 赤ちゃんが産まれるのを待ちながらの一人で過ごす平日、
 夫と二人きりで丸々過ごした長~いGWは何だか寂しさと張り合いのなさ、新鮮さ、
 いろんな感情が入り混じり、いろんな事が見えてきた貴重な時間でした。』

出産は今まで2人は、予定日より早く出てきたのですが
今回はなかなか産まれてくれない。
そんな中での最後の健診は、お産ラッシュの最中でしたね。

『出産の前日、岡村さんに健診を受け
 出産ラッシュ真っ最中「赤ちゃん見て行く~?」と言われ
 前日産まれたばかりのホヤホヤな赤ちゃんに対面させて貰いました。
 3年ぶりに対面した赤ちゃんは、 
 本当に本当にかわいくて体の中に何かがスーッと入ってきて
 涙が止まらなくなりました。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 我が家は4年前に長野へIターンで移住をしました。
 こちらへきてすぐの頃、ご縁あって近所のキリスト教の協会へ。
 
 小さい娘2人と時々通い、
 そこで80代のベテランクリスチャンの方が
 まだ寝返りも出来ない次女を抱っこして
 「私達なんていくつになっても神様の前では、この赤ちゃんと同じ。
 ありのままで弱くて、自分じゃ何もできないけれど 
 神様はこうやっていつも優しく抱いていて愛して下さる。」
 と言うようなことをおっしゃていました。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 私は体の内でこの言葉をスーッと思いだしました。
 モヤモヤしたり、幸せに浸ったり、泣いたり、笑ったり…
 全部ひっくるめて今ここに在る事。
 私自身の今あるがままを、おだやかに受け入れてくれる大きな大きなまなざしを感じました。
 (神様の面影があちこちにあるウテキアニだったから感じたんでしょう。)』


すると、その涙で、
何かがふっきれたのか、
次の日に赤ちゃんがサインを出しました。

出産はいつも早いのですが、
今回も旦那さんがちょうどいるときに産気付き、
産まれて出勤に間に合うという素晴らしい安産でした。
産まれたのは元気で大きな女の子、3姉妹です。

 『ウテキアニ滞在中、いつもいつもどこかで小百合さんの笑い声が聞こえてきました。
 洗濯機、掃除機、前の道を行くトラクターの音、
 昼食の時の岡村さんと小百合さんの大笑いしながら向かいあっていた姿
 小百合さんの息子さんが「ご飯が炊けたのでおかわりどうぞ。」と言いにきてくれたり
 あゆみちゃん、はるかちゃんが赤ちゃんを見に来てくれたり

 そんな日常生活のある大家族のお家にホームステイして
 出産したような穏やかな幸せな出産でした。
 カメラの写真を見返せば確かに陣痛は痛かったけれど
 本当に本当に心地よいお産をどうもありがとうございました。
 全てに感謝!!』

~お父さんより~
『5月9日生まれと言うのは私の誕生日に近く
 親近感が湧きます。
 3人目なのですが、朝の出勤前に産気づいてくれたので
 初めて最初から最後まで出産に立ち会うことができたと言う
 親孝行な娘です。

 朝4時頃に破水し、その後どうなるか分からないまま、妻は着々と準備を進め
 陣痛の間隔を計りながらそろそろと言う頃にはちゃんと出発準備が完了していました。
 僕は寝ぼけたまま、言われるままに動いていただけで
 女の人はすごいなと思いました。

 産まれた後は胎盤が出てへその緒で赤ちゃんが繋がっていて
 こんなにもしっかりと母体と繋がっていて守られていたんだなぁと実感しました。
 良く産んでくれたし、産まれてくれました。ありがとう。』


おっとりと、もの静かな中に意志の強さがある、
そんな印象のTさんです。
あんまり子供を怒らない所、見習いたいです~~。。。

b0156557_11164624.jpg

恥かしがっていたMちゃん、ひょっこりお顔を出しました。
ご縁を本当にありがとうございました。

またどこかできっとお会い出来ますよね!!
あのハーブティ今まで飲んだ中で一番美味しかったです。
いつか、どこのかこっそり教えて下さいね~(^_-)
[PR]
by oka-ayuharu | 2012-06-26 07:06 | お産 | Comments(0)