あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

優(ゆう)ちゃん こんにちは!

9月の頭にお産がありました。



今回は一人目もお産に携わらせてもらったNさん。
お二人目の出産でした。

里帰りなので、
遠いところから、今度は独り身でなく、上の子K君と一緒にこちらに来られ
一緒に帰っていく、そんな妊婦健診が続きましたね。

こっちに里帰りして
お父さんも予定日前にお休みを取り
さて準備万端、陣痛待ち・・・の日々。ところが…

『さあ、いつでもOKと言う時
Kが初めての熱発。
うまれて初めての40℃台
Kも最後に「僕を見て~~」の、ひと踏ん張りだったのかもね。

熱が出て、これまた何をするにも「ママじゃないとダメ!!」状態。
ママを抱き締め、うなされながらも眠った3日間。
ママにとっても心底向き合えた大事な時間だったのかもしれないね。
それまで、じじばばに、大好きなKのこと、任せきりだったから…。

お腹の優ちゃんもちゃんとそのことを分かって、出てこなかった。
お腹でスタンバイしてくれてたんだね。みんなの準備が整うのを…。』


全てが終わったとき前駆陣痛がチラホラ…。
いつ来るか?二人目は早いぞ!との噂に戸惑う日々。
(今思えば、病み上がりのKちゃんに付き添って疲労したお母さんを
 疲れさせないようにしていたんだと思います。)

そして…。前駆陣痛が遠のいて二日目。
その日はちょうど妊婦健診日だったので
全身いつものようにマッサージしていると…。。。

何だか痛みが増している…。
すかさず「いいぞ~~~」と掛け声し、心音を確認して一旦離れます。

そしてNさんも痛みと向き合う事に専念。
すると…どんどんグレードアップしてくる陣痛。

ここで前回同様、お父さん登場。
「やばいんじゃない?大丈夫??行くぞ~~!。」すぐに車で移動。
何だかお尻にいきみ感が…なんてきっと言えなかったことでしょう。
ドキドキハラハラ。助産院に間に合った!

最後は旦那さんが背になりうつかる形でお産となりました。
お母さんも安心して身を任せ、手を握って、思いっきり踏ん張れたことでしょう。
そして家族に見守られながら誕生した子は可愛い女の子でした。

前回同様、おばあちゃんたちにも見守られて、祈られて、本当に幸せな感じでした。

お産が終わったあと、Kちゃんが、お母さんに
「良く頑張ったね!」とでも言うかのように
チュッチュッしていたのが印象的です。

4人で川の字になって眠る日々。

お産ノートを書きながら
二人目になると、自分の事やお産の事、
面白おかしく振り返れる事に驚き。。。
それでもやっぱりすべての事がありがたくて幸せで
感動して泣けちゃうお産ノートなのでした。

この写真の時は「いつも目が腫れてる~。」と言っていたNさん。
お産ノートを書きながらいろんな事を思い出すようです。
b0156557_13302685.jpg

「3人目は自宅でいいね~。」なんて言う会話が、
産んだ直後からできるって自分でも結構ビックリです。

でもこんなに当たり前に出産が出来る事は奇跡なんじゃないかと思います。
本当に本当に感謝したいです。


本当にお疲れ様でしたね。
しばらく実家でのんびりした後、
また自宅に帰ると、忙しい日々が待っていますね。

いろいろ溜まったら、のんびりこっちに帰って来てくださいね。
またお会いできますように!

いつでも待っていますよ~~~(^_^)/
[PR]
by oka-ayuharu | 2012-11-11 14:08 | お産 | Comments(0)