あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リサイタル

昨日は長女と、ピアノリサイタルに。



ピアノの先生の息子さんの初リサイタル☆
次女は、お家でおばあちゃんと。ゴメンよ。
もう少し大人になってからね。

長女が1年生の時の発表会からファンになり。
私は。。。手の動きに集中しすぎて目が乾く~~。

途中のショパンの子犬のワルツ アレンジ版?
手の動きが普通のより2倍速?3倍速早すぎて
息が止まりそうなくらいだったり、
ムードある曲は幻想に浸ったり…。ホント素敵。はぁ~~~。
こんな時間が持てるなんて。

ずっと最後まで聞いていられるコンサート、長女出産から初めてかも!

あゆみは…。途中ゴソゴソ読書したり…(オイオイ!)、いろいろでしたが、
少しでも良い音色が体に入ればいいかと思いました。
これからも陰ながら、おばさん応援して行こうと思います♪


そんな長女は、この冬から合唱部に入部。
先日、K小学校の
吹奏楽と合唱部合同の「さよならコンサート」が市民芸術館でありました。

「3年だし、そんなに出番もないだろうから、
とりあえず見に行くか~~~。」ってな気持ちで入ると(ゴメンナサイ)
もう始まっていた。
高学年の子供たちの「夕焼け小焼け」アレンジバージョン?
すごくキレイで感動。

吹奏楽もスゴイ!吹奏楽は東海大会にも出場したそうで。
私たちが、小学校でやっていたものとは格段の差でした。
ちなみに…私はトランペットを中学生まで吹いていました。
今も押し入れにzzz~~~~♪。

それで、最後に「卒業」の歌になり…。
何なんでしょう。めっちゃ泣ける~~~~。
ボロボロ涙が出てきてしまいました。

もちろん巣だって行く子供たち、お母さん達を思いながら、
もう一つは、子供たちの舞台を見ながら
当時の小学生だった自分を見ているようにも思えました。
こうして、母となり、子供を見ながらまたもう一度、
自分の歩いてきた道を思い出すんでしょうかね。

って、まだあと3年もあるのに、自分の子供が6年生になったら
どうなっちゃうんでしょうか~~。。。
涙が乾ききっているかも。


そう言えば先月は長女の学年合同の学習発表会(授業参観)でした。
彼女のクラスは「三年峠」の劇と、「ちいちゃんの影送り」の音読。
何と、彼女、主役(おじいさん役)を演じてました。

コントのように転んだり、泣いて
「わしは、わしはもう、3年しか生きられぬのじゃ~~~~。」とか
言ってみたりで、会場を沸かせていました。

ホント誰の血筋なんだか、
ああやって物怖じなくやれること
イエス様が側についていてくれるからなのかな~と思います。
彼女もイエス様大好きなので。

すぐに大きくなってしまう子供達。
もう少しゆっくりでいいよ~と思うけれど、そうはいかないね。

母ちゃんも
もっともっと日常をしっかりこなしながら
見守って応援して行きたいと思います。

あ~~~卒園式また泣ける(>_<)
[PR]
by oka-ayuharu | 2013-03-11 00:23 | 子育て | Comments(0)