あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

一咲(いっさ)君  こんにちは!

今年最後の雪が舞う季節、お産がありました。



今回のご縁は自宅出産を選んだIさんご一家です。

いつも健診でお家に行くと、長男T君は保育園に通っているので、
二男のK君がお出迎え。

一緒にオイルをつけてロミロミしたり、話しをしたり、
時には旦那さんが夜勤明けながらもK君を連れ出してくれて
静かな健診のひと時だったり…。
雪が積もってドキドキして通った県道も、今は懐かしく思います。

いろんなことを話しながら、
「この家が一番落ちつくんです。」と言っていたIさんでした。

さて、お産は…
朝~始まりましたね。
保育園もお休みして、お客さん?が来たかのように
嬉しくてはしゃいでいた二人。

次第に進んでくる陣痛、お父さんの手をギュッと握りながら
ひたすら耐える時間。
おもちゃで遊んだり、騒いだり、
いつもと変わらぬ光景でしたが、

しかし、集中しなければ赤ちゃんが出てこない。
そこで、お父さんがT君とK君を連れて一時隣の部屋に退出。。。

すると…ぐぐっと一気に加速!
「産まれるよ~~~。」の声に、皆さん戻る。
そして、元気な子が誕生しました。
気になるのは性別です^/^。。。
「男だ~~~~!ははは!」嬉しい家族の叫び声でした。

『出産後、息子たちは相変わらずの光景に、
パパが一咲君を抱いてお茶を飲みながら言った一言。
「何か、不思議だよね。。。
病院にいたら、こんな事出来ないよね。家で産んで良かったね。」と。
そして赤ちゃんが出てくることにすごく感動した様子。
b0156557_23342898.jpg

今回、自宅分娩を迷いなく決め、心変わりもしなかったのは、
パパがいてくれたから。
この自宅分娩を終えて、今まで知らなかったパパの一面を知ることができました。

パパがいなければ、パパじゃなきゃ、この事は乗り越える事が出来なかったです。
パパ、ありがとうございました!
満足な、幸せな、とても幸せなお産を終えて、とても胸が一杯です』お産ノートより

ありがとうございました。

1カ月健診の最後に、ベランダから、
T君、K君二人と、一咲君を抱っこしてIさんが手を振る姿、
本当に輝かしくて、キラキラして素敵でした。

b0156557_8465915.jpg

早速 3兄弟の助け合い?可愛い♡ 

産後はあんまり休めないと思いますが、休める時に思いっきり休んで下さいね。
理解ある、協力してくれる旦那さんと共に頑張って下さいね。
応援しています!

さてさてどんな3兄弟になるのかな!?楽しみにしています。
また会えますように~~!!
[PR]
by oka-ayuharu | 2013-03-20 23:50 | お産 | Comments(0)