あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

唯志(ただし)君   こんにちは!

今回のご縁は、同じ市内に住むYさん。HPを見て興味を抱き電話してくれました。



『今回、自宅出産を選んだのは神様のお導きでした』と
お産ノートに書き記して下さったYさん。

『きっかけは単純なものでした。
1人目、2人目は当たり前のように病院で出産。
しかし3人目を妊娠した事で、
1週間も家をあけること、
その間、主人と子供達に会えないこと…

そんなことを考えていた時、HPを発見
やっぱり「家族と一緒にいたい」という思いが強まり電話をしました。』

健診では...。
子供のこと、旦那さんのこと、Yさんのこと
沢山沢山話しができたこと、ありがとうございます。

37週を超え、
一人目も二人目も、週数が早かったので
まだかまだかとお産の兆候を待つが
なかなかその時は訪れない。

そして、40週に近くなり…
『朝から何となくお腹が痛い気がしていましたが、今いち陣痛なのか分からず...。
しかしどんどんん波が強くなる。

上のお姉ちゃんを帰宅させ、岡村さんを呼ぶ。
全てを委ねて、とにかく言われた通りに、
力を入れたり、緩めたりし続けました。』

本当に上手に呼吸されて
静かなお産。
(見習いたいくらい)

そして…
つるっと出てきた元気な赤ちゃんは、お兄ちゃんのT君にそっくりの男の子!
長女のYちゃんも「キャー」と言いつつ
頑張って側にいてくれましたね。

『娘は立派に助手を努めてくれました。
赤ちゃんが誕生するまで私の脚をしっかり支え続けてくれました。
娘と一緒に赤ちゃんの誕生の感動をわかちあえて、
本当に嬉しかった。

何よりもそのままずっと離れることなく家族みんなが一緒にいられることが
一番の幸せでした。
私のお腹にいた赤ちゃん。
やっと会えて…
愛おしくて愛おしくてたまらなかった。

そして生まれたばかりの赤ちゃんを嬉しそうに抱く娘。
そんな娘が愛おしくて愛おしくて。
改めて子は宝だと実感することが出来ました。』

『』はお産ノートより

そして忘れてはならない旦那さんの事。
旦那さんなりの愛情表現。
マイペースな旦那さんに
終わった後、Yさんおと腹を抱えるくらい笑った事を覚えています。

良い思い出ですね。
ベビーベッド大切にしなくちゃね。

次の日、我が子達もおじゃまさせてもらって、
お姉ちゃんが作ったケーキを食べて乾杯しました。
美味しかったよ。
このお姉ちゃんが作るケーキ…本格的!

特にメロンパンは最高です!
本当にありがとうございます。


『愛する人と、子供達と暮らす毎日はとても幸せです。』
 
b0156557_235721.jpg

お疲れ様でしたね。
ご縁をくれた神様に感謝したいです。

ゆっくり出来ない毎日だと思いますが
それでも体を大事にしてくださいね。
いつまでも応援しています!

また1カ月健診でお会いできるのを楽しみにしたいますよ(*^^)
[PR]
by oka-ayuharu | 2013-06-18 23:12 | お産