あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

蒼梓(そうし)君 こんにちは!

今回の出会いは同じ職種の初産婦さん。



妊娠中は、
車がないので、ひたすら歩く日々。

1時間かけて健診に通い、
1時間かけて家に帰る

途中歩いているのを見かけても…
心の中で応援!
愛のムチで車に乗せて行くのを我慢しました(笑)

「あの雪の日には鍛えられましたよ~。」と言っていたMさん
今年は良く雪が降りましたが、頑張っていましたね~。

私との出会い。。。
『岡村さんは学生の頃お世話になったバイトのおかみさんに雰囲気が似ていて
初めて会った時はドキドキしました。
おかみさんには良く怒られたので…(笑)

妊娠中は、
時折、周りの人にイライラが止まらなかったり、
悲しくなったり
過去を思い出して情けなくなったり
ネガティブな感情が出たり…
しかし、そのたびごとに毒が出ている気がしました。

今までの人生
「根性」「忍耐」「我慢」…そういう日本人魂的な
硬い部分が私の心を占めていたけれど
自分でどうすることも出来ない事に直面した時
皆さんに祈ってもらいました。

泣いて…信じられない位明るくなることができたのです。

結果…
びっくりするぐらい我が子は成長して産まれてくるのですが…。
ハラバイの時間も目に見えない何かを沢山頂き、
いろんなものを手放すことができました。

今回の妊娠を通して
祈る事、委ねることに少しだけ触れることができたように思います。』

フラにも参加したりで、
Mさんが少しづつ緩んで行くのを私も感じました。

『お産はあまりにハイスピードで
「あれは夢だったのでは…」と思える位ですが、

もう出るよと言う時
思い浮かんだのは
「動物的になること」

陣痛に身を任せ、動物のような声を出し、理性もなくなった
本当に貴重な体験でした。
自分の力じゃないものを感じた。
本当に不思議。』

お家で良く頑張りましたね。
前駆陣痛だと思っていた陣痛が
実は本当の陣痛だったなんて…ね。

ツルンと出てきた元気な赤ちゃんは男の子でした。

『助産院での生活は夢のよう。
かわいい赤ちゃんとゴロゴロ。三度の食事が楽しみで。
美味しいご飯、これを食べに、何人でも産みたい気持ちです。』

b0156557_16595550.jpg

素直で、いつも自分の事を正直に話してくれるMさん。
本当に偉かったよ!
お疲れさまでした。

~お父さんより~
『妊娠が分かった時は二人で泣いたし、お腹にいるときも
ずっと二人で語りかけてきた。産まれて来てくれてありがとう!

お産中の立ち会いは楽しかった。
多分ここだけ仕事でも関わったことがなかったから。
奥さんのこともっと大切に思えるようになったかも。
赤ちゃんパワーはスゴイ!

梅雨の季節なのに、産まれた日は晴れていて、
産まれた瞬間、朝日がさした。』

『』はお産ノートより

出産は、合わせたように
お父さんもお休みの日でした。


お二人を見て思ったのは…
若くして産むっていいな~~~と。
お産も、産後の回復も、お乳の出も全然違うんですから。

そしてこの笑顔!!^^!

また1カ月健診でお会い出来るのを楽しみにしていますよ~!
[PR]
by oka-ayuharu | 2013-06-25 17:23 | お産