あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

授業参観

授業参観がありました。



先日は、音楽会もあって
最初から最後まで座って聞けたのは初めてでした。

結構感動しました。
最近の音楽会は歌うだけでなく
ミュージカルっぽくセリフを言ったり
踊ったり、手作りの垂れ幕が下がって来たり、
あれやこれやと楽しませてくれます。

さて、今回の授業参観は学年ごとに日にちが別れていたので、
二人とも最初から最後まで見る事が出来ました。

皆さんもそうでしょうが、子供はそれぞれ特徴があります。

下の子。目立ちたがりや?な上の子と違い、
人前では、めっちゃ静か。(家では相当うるさいのに)

授業参観では全く挙手もせず、だんまり…。
そして、後ろを向いて、
「へへへへ~~。」と舌を出してニヤニヤ。
コラ~~~。前向け~~!!

話し、聞いてるんだか、聞いてないんだか。
私もだんだん嫌になって来るのですが~~。。。
で、母ちゃんのギラギラした視線を感じたのか(笑)、最後にやっと挙手。
相当照れながら、うさぎの演技を見せてくれました。
道徳の参観でした。

しかし、1年生ってどの子も可愛いですね~。

長女の時間も道徳でした。こんな内容でした。

ある日ウサギ小屋のお掃除を一人でしていたAさん。
可愛そうだと思ってお掃除を手伝ったBさん。
しかし「ありがとう」と言わず、無言で去ってしまったAさんに
腹をたて、先生に相談するのだけれど
先生は、Aさんに「ありがとう」は貰えなかったけれど
Bさんはもっといいものを貰ったでしょ。と言ってきた。と言うお話。

いいものとは
多分気持ちよく施しをしたと言う
「良い気持ち」を貰ったと言う事。

それで、子供達がどう感じたかと言う事でしたが。

何だか
この前のフラで話した事と似ていました。
「マタイ6:1
人に見せるために人前で善行をしないように
気をつけなさい。そうでないと、天におられるあなた方の父から
報いが受けられません。」


人に見せるために
人から「ありがとう」と言ってもらいたくて
行動を起こすことが良くあります。
しかし、そうであるなら、全く空しいものです。

全ては天の神様が見ておられるので
隠れたところで、それを行いなさいと言う意味だとか。
見返りがなくても、きっと心に平安があるのでしょうね。


もしかしたら、あちらこちらで神様が
メッセージを送ってくれているのかもしれません。

授業参観に関して言えば
別に何ら発言しなくても
そこに行く事で、子供たちは喜ぶのだから、嬉しいのだから
それで良いのだと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その後、学級PTAがあり、久々出席しました。
4年生にもなるといろんな意見があります。

「今まで、授業参観で一度も、発言した事はないので、
今日も相変わらずでしたが、ちゃんと話を聞けるようになってきたなと思いました」とか、

「今日は何だか、ず~~っと、その前の友達とのトラブルを引きずってて
授業参観なのに、ずっと不機嫌で、すみませんでした。でも本当に少しづつですが
気持ちを立て直すのが早くなって来たな~と思います。」とか、

「お調子者過ぎて、言わなくても良い発言ばっかりしてすみません。」とか

「今日は、初めて発言出来たので、こっちの方が緊張してしまいました。」とか

子どもだけを見ているとあまり感じないけれど
お母さん達なりに悩んでいて、成長を見守っている忍耐力がスゴイな~と思いました。
子供は本当に素直で、いろんな子がいて、誰一人同じ子もいなくて
素晴らしいですね。

しかしそれを統一して行くのですから先生も大変です。
本当にお疲れ様ですと言いたいですね。


子供たちの日々の成長は本当にすさまじくて
うちの子はあっという間に、思春期に入ってしまいそうですが…。
どんなバトルがあるやら…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、発達障害の子供に40年間アメリカで携わっている
「ジョイス・イノウエ氏」の子育てセミナーに行ってきました。
ジョイス氏もクリスチャンですが

「あなたの神様の計画のゆえに、
この子供があなたの人生におかれたという事を知らなければならない。」
とおっしゃっていました。
「子供は自分たちの成長のために与えられたと言う事。」


育児相談をしていても、子育てしていても
本当にそうだな~と思います。
自分の弱い部分を克服してくれているのだな~と。

そしてそれぞれ子どもにも特徴があるので
同じ教え方をしても無駄だと言う事
弱い部分と強い部分が誰しもあるし。もちろん弱くて良いのだと。
それを良く観察してとらえ、強い部分を伸ばして行く事が大事だと。

そのために、子供を見下したり軽くみたりせず
子どものワクワク感を妨げないように…。

(は~~~^^;超~耳が痛いです。)
興奮して楽しそうに帰って来て
「ねえママ聞いてよ~~!!」と言ってきても

今、油使ってるからちょっと無理!とか
大抵遮っていますからね。。。

そこで聞いてもたった1分ですよ。と。
(そうなんだ~~~て思いましたね。気を付けないと。。。)

聖書には「リーダーに従え」とも書いてありますから
この世の教育方針から逸れると言う事はあまりない感じで
私はそういうのもすごく現代に合っている気がします。

あと、どのくらい授業参観に行けるのかな~と思いながら
もう中学になったら
「来なくて良い」とか通知すら見せなさそうで。。。

行けるときに十分楽しみたいと思います。見返りなしでね(笑)。
[PR]
by oka-ayuharu | 2013-11-22 17:03 | 子育て