あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旭(あさひ)君 こんにちは!

今回のご縁はお二人目を妊娠されたRさん。



いつもニコニコ笑顔で落ち着いていらっしゃるRさん。
「Rさん怒る事あるんですか?」と
お聞きしたことも…^^。

お兄ちゃんのM君もそんなお母さんをずっと見ているからか
本当に穏やか。
一緒に来られた健診で、
退屈するといつもM君、バナナを食べていた印象が(笑)
楽しいひと時でした。


お産ノート『』より

『35週頃切迫早産と言われ
自宅で37週まで安静にして過ごしました。

その間、家事やMの相手を全般的にやってくれた
お母さんと旦那にはとっても感謝です。

2週間の間、思えば今まで上に子に気を取られて
お腹の子の事をあまり考えていなかったとちょっと反省もして
お腹の赤ちゃんに話しかける事が増えて良かったと思います。』

破水から始まった今回のお産
「急に進む事もあるから」と言われ
まだ弱い痛みではあるが
Mはまだ寝ているのでおばあちゃんにお任せして
助産院へ行く事に。

「まだまだ全然大丈夫です。」と余裕があって
旦那と二人で陣痛の波が来るたび
体勢を変えたり腰を押してもらったり、
リラックスしたり、合間には普通に話をして過ごしました。

徐々に強くなり
「いや、まだ全然産まれないですよ~。」と
思いつつ次第にいきみが…。

『何回か強い波と一緒にいきんだ後
突然赤ちゃんが出てきたのでした。

ツルンと出てきた赤ちゃん。
あまりに早く出てきたので
「え!?もう!?」とか
そんなことを行ってポカンとしてしまいました。

お腹の上に温かく濡れている赤ちゃんを置いてくれる。
最初の感想は「ちっちゃい…!」
3940gだったMと比べると何とも小さく見えたのでした。
測ってみると3210g。
そんなに小さくもないらしいのですが(笑)

入院中、赤ちゃんと2人で久々に上の子に気を取られずに
ゆったりと過ごして、美味しいごはんを頂いて
とても穏やかに過ごせました。

ご飯はもう本当に美味しくて
今まで自分はこんな美味しいごはんを作った事があったろうかとか
自分もこんなご飯を愛をこめて作りたいとか
いろいろ考えたのでした。(のりえちゃんご飯ありがとう)

Mと数日でも離れて生活したことで
まだまだ赤ちゃんのように思っていたのが
すごくお兄ちゃんに見え
2年前はこんなだったのが

こんなに成長したのかとか思って
改めて愛おしく感じました。』

すご~~くいい笑顔!!
b0156557_20393484.jpg


実はRさんのおばあ様は
お産婆さんであり、助産師の大先輩であります。
しかもクリスチャン!
Rさんも、日曜学校で学んでいたそうです^^。

一緒にお祈りして下さった事ありがとうございます。

Rさんご夫婦ご家族が愛を育まれますこと
旭君、M君が益々健やかに成長されますこと
お祈りしています。

また1カ月健診でお会いできるのを楽しみにしていますね♪
[PR]
by oka-ayuharu | 2014-04-19 22:18 | お産