あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ベーテン本選2016

本選がありました。



私は待機にて行かれずで
おばあちゃんが乗せて行ってくれました。

久々行かれないので、足台や時間配分など
ちょっと心配になりましたが
いなけりゃいないで子供達も工夫して考えてやるようになる
これはお互いのために
神様から与えられた訓練なのかなーと思います。

与えられた事や指示された事だけやるのは簡単ですが
それだけでは社会に出てから動けないですもんね~(*´з`)

出産は
私自身信仰を持っているので
神様が決めた時間と瞬間と思っています。
だから、それに従うのが一番。

私の思いでそれを邪魔しているのなら、それは無駄な事だな~って思います。
最近
「いつぐらいに生まれそう」とか
予測するのも無駄(邪魔)な事なんじゃなかろうか…と思うようになりました。

こういう出来事が終わった後は
子供たちが成長しているのが本当に嬉しくて…。

諦めると言う事を学び
諦めると言うより諦めた先に見えるものを
私はこの仕事で見させて貰っています。

帰ってきて
長女
「ママ~銅賞で、全国に行くことになったーーー。」と。
(先生曰く、ミスもあったらしいですが…、何とか行けて良かったね。)

次女
「ママ~行かれなかった。」
次女はバロック、自由曲どちらも全国には行かれなかった。
(先生曰くミスの連発…で、実力を発揮できなかったとのこと。)
う~~ん、明らかに練習不足じゃないでしょうかね…(*_*;
去年の方が練習もしてた。

けど1つ言うならバロックと自由曲出るので
曲数4曲をみっちりやらなくてはならず、次女もついて行かれなかったように思います。

練習もなかなか思うように行かなくて
ミス→思うようにいかない→すねて泣く→押入れに閉じこもる(10分)→やっと復活
これを何度も繰り返していました。私も正直参った!!

いい加減、押し入れに閉じこもるという時間がもったいない事を自覚して貰えたらと
思うのですが、彼女にとってこれもきっと大事な時間なのでしょう。

さて、このコンクールが終わったからと言って
終わりでなく
今度は2週間後に控えた
北信越ピアノコンクール本選

私はこれ↑が終わらないと夏が終わった感じがしないのですが…。

長女「これは頑張るけど、もう部活、あまり休めない」とのこと。
次女は「まあ頑張るわ。」とのこと。
果たしてどうなるかな~~~。
[PR]
by oka-ayuharu | 2016-10-05 20:33 | 子育て