あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

11月2日  東(あずま)君こんにちは

11月2日(日) お産が始まった。
今回は看護学校の同級生で助産婦仲間。
看護学校を卒業してお互い助産婦になって経験を積みながら、
友達は3人目の子の自宅出産を考え、私はそのお手伝いをさせてもらうことになった。

久しぶりに出会った友達は主婦となりお母さんになっていて(私もか)、とてもしっかりしていてびっくりだった。
お家の中にはたくさんの手作りの小物類がそろっています。
でもあどけない顔とツルンとした卵肌は全然変わってないね(^^)。

何日か前から前駆陣痛があって待機していたが、なかなかはっきりしたものがやってこない。
師匠が「あまり赤ちゃんにプレッシャーを与えても出て来ないんだよ。」と言っていたのを思い出し、この日は許可を得て、近場の運動公園に娘2人連れて散歩に出かけた。少し遠目ながらも気は抜かず。
どんぐり拾いしたり落ち葉で遊んでいるうちに本格的な陣痛発来とメールが入った。
急遽家に戻り、じいじに2人を預けお産へ。今回は3人目なので早そうだ。

b0156557_1693383.jpg


照明は写真では分からないがもっと落としてある。
いつも陣痛で腰をさすっていると自分の陣痛を思い出す。本当に痛いよね。
「痛いよね~。」
産んだことのある女性に声をかけられるとしたら、この言葉が一番しっくり来ると私は思う。
よせては返す波のように、陣痛が押し寄せ、引いてゆく。赤ちゃんは体力を温存しながらも、ゆっくりそして力強くやってくるのだ。

お父さんはお母さんのためにおにぎりを握る。私は愛情いっぱい包み込む,
おにぎりを握るこの手が撮りたかった。
b0156557_16103418.jpg


子供達はお母さんにお水を。
b0156557_16105984.jpg


もうクライマックス。
まだくるみ大しか頭が見えていなかった時、陣痛の合間に「頭見えた?。」と友達が子ども達に言った。
まだ見えなかっただろうけど、「お母さん!見えたよ。頑張って!」と二人が並んで声を合わせて答えていた。
嘘でもいい。何と微笑ましい光景か。見たこともないお母さんの必死な姿とそれを支えているお父さんの姿。
本能から出た答えだったに違いない。

そしてその中での神秘的な生命の誕生。


  女性はとても美しい。
b0156557_16121397.jpg


みんなで乾杯!
b0156557_1613583.jpg


私とブンブンも入って
b0156557_1614292.jpg


東君は今日も家族に愛され過ごしています。
b0156557_1615966.jpg



お疲れ様でした。ゆっくり休んでね。
素敵なお産を ありがとう! 
 家族っていいね(^^)

 
写真協力ありがとね!
[PR]
by oka-ayuharu | 2008-11-16 16:33 | お産 | Comments(0)