あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第16回生 同級会

看護学校 16回生の同級会が開かれました。
長野だけでなく東京、千葉、群馬、新潟など、他県からもたくさん集いました。
ファミリーだったり、子どもが大きくなったお母さんは、お父さんに子どもを預けてお泊りだったり、子連れだったりいろいろでした。
宴会はみんなパワフルです!
乾杯の音頭は女王さまこと”くみちゃん”の出番。懐かしいなぁ~(^^)
当時のみんな顔がパンパンだった頃の写真まで出てきてとっても楽しい宴会でした。

その後、ゆったりお風呂に入り、部屋へ帰っても話は尽きることなく夜中まで語り合いは続いたそうです。

b0156557_17113555.jpg

帰るとき、ふと思い浮かべていました。

国試当日、東京の試験会場の駐車場で、45人全員で円陣を組み
「第16回生、国師全員合格!頑張るぞっっ!」 「お~!!」とみんなで叫んだ日の事。
私達は本当に”団結”という言葉が似合う学年でしたね。
故郷に帰った人、地元に残った人、都会に出た人、進学した人、
全員合格通知を貰い、自分らしい人生を歩き始めてから、もう15年がたったんだね。

かっこいいナースになっている人
先生になっている人
地域で働く保健師、助産婦になっている人
主婦になり母になっている人
育児しながら働いている人
それぞれの場所でみんな一生懸命頑張っているんだなぁ・・・。
そう思ったら、何だか目頭が熱くなってきました。

ほとんどの人が昼間はトレーナーにジーンズ姿。
夜は、はんてんにカーラー巻いてたなぁ。
寮生活した日。
初めて着た白衣に感動した日、戴帽式でキャップをかぶった日。
勉強、実習(終わると飲み会)×10回くらい?笑顔と涙で乗り切った日。
りんどう劇で徹夜した日。
国試に向けて猛勉強した日。
そして卒業を迎えた日。

あの頃とみんな変わってない、みんなあったかい心でいてくれました。

頬を「ツー」っと涙が伝った時、
「ママ何泣いてるの?」と、あんみが言いました。
「みんなに会えて嬉しかったからだよ。」と言うと、
「ふ~ん・・。」と何やら考えて、
「あんみ楽しかった~。」と言っていました。

また、何年後かに、同じ笑顔で、会たらいいな。
その時まで、みんな頑張ろうね!(^_-)!

幹事の「ひげ&いくみ」お疲れさまでした。

16回生 万歳!!
[PR]
by oka-ayuharu | 2008-11-24 23:28 | 日々の出来事

あたしの赤ちゃん

自分のコートでミッキーを包んで。
赤ちゃんに使うおくるみの巻き方、いつの間にか覚えていたんだね。

「赤ちゃん。よしよし~。」
b0156557_16161061.jpg

[PR]
by oka-ayuharu | 2008-11-23 16:23 | 子育て
今日は丸ばあちゃんがおこわの作り方を伝授してくれるとの事で、豊科に行った。
前にも書いたが
「食材は国産品、産直の推進、食卓にづくと手間と知恵と技」と言うのがモットー。

私も数年前に「季節の野菜をその季節に食べる」と言う事がとても意味があるのを知った。
今回のおこわに使う小豆も収穫の終わった今(秋)にまとめて購入しておくのが良いんだそう。

もち米をふかして小豆とさし水を入れて混ぜ、
b0156557_3142588.jpg

もう一度ふかす。家のおばあちゃんもそうだったけど、
この丸ばあちゃんのような厚みのあるしっかりした手にかかると、食材は何でも喜んでいるように思える。私も年をとったらこんな手になりたいなぁと思った。
この後手作りのごま塩をかけていただいたおこわは最高だった。大根葉と雑魚のふりかけも美味しい!
b0156557_3145874.jpg

ぶり大根、煮物、漬物や、お母さん達が持ち寄ったものがたくさん並んでいる。
お正月みたいだね。美味しい!!
b0156557_3153866.jpg

そうこうしているうちに手作りベーコンが出来上がってきた。とても手間のかかる作業だ。
何とつやの良いいい色だろう。
お肉も地産の養豚場から仕入れている、安全なお肉。
とっても美味しいです。
豚の命を頂いているので大事に使いたいです。
b0156557_316878.jpg

b0156557_3163950.jpg




丸ばあちゃんありがとう!そして良子さんもお疲れ様でした(*^^)v。また呼んでね。
[PR]
by oka-ayuharu | 2008-11-19 04:24 | サークル
11月2日(日) お産が始まった。
今回は看護学校の同級生で助産婦仲間。
看護学校を卒業してお互い助産婦になって経験を積みながら、
友達は3人目の子の自宅出産を考え、私はそのお手伝いをさせてもらうことになった。

久しぶりに出会った友達は主婦となりお母さんになっていて(私もか)、とてもしっかりしていてびっくりだった。
お家の中にはたくさんの手作りの小物類がそろっています。
でもあどけない顔とツルンとした卵肌は全然変わってないね(^^)。

何日か前から前駆陣痛があって待機していたが、なかなかはっきりしたものがやってこない。
師匠が「あまり赤ちゃんにプレッシャーを与えても出て来ないんだよ。」と言っていたのを思い出し、この日は許可を得て、近場の運動公園に娘2人連れて散歩に出かけた。少し遠目ながらも気は抜かず。
どんぐり拾いしたり落ち葉で遊んでいるうちに本格的な陣痛発来とメールが入った。
急遽家に戻り、じいじに2人を預けお産へ。今回は3人目なので早そうだ。

b0156557_1693383.jpg


照明は写真では分からないがもっと落としてある。
いつも陣痛で腰をさすっていると自分の陣痛を思い出す。本当に痛いよね。
「痛いよね~。」
産んだことのある女性に声をかけられるとしたら、この言葉が一番しっくり来ると私は思う。
よせては返す波のように、陣痛が押し寄せ、引いてゆく。赤ちゃんは体力を温存しながらも、ゆっくりそして力強くやってくるのだ。

お父さんはお母さんのためにおにぎりを握る。私は愛情いっぱい包み込む,
おにぎりを握るこの手が撮りたかった。
b0156557_16103418.jpg


子供達はお母さんにお水を。
b0156557_16105984.jpg


もうクライマックス。
まだくるみ大しか頭が見えていなかった時、陣痛の合間に「頭見えた?。」と友達が子ども達に言った。
まだ見えなかっただろうけど、「お母さん!見えたよ。頑張って!」と二人が並んで声を合わせて答えていた。
嘘でもいい。何と微笑ましい光景か。見たこともないお母さんの必死な姿とそれを支えているお父さんの姿。
本能から出た答えだったに違いない。

そしてその中での神秘的な生命の誕生。


  女性はとても美しい。
b0156557_16121397.jpg


みんなで乾杯!
b0156557_1613583.jpg


私とブンブンも入って
b0156557_1614292.jpg


東君は今日も家族に愛され過ごしています。
b0156557_1615966.jpg



お疲れ様でした。ゆっくり休んでね。
素敵なお産を ありがとう! 
 家族っていいね(^^)

 
写真協力ありがとね!
[PR]
by oka-ayuharu | 2008-11-16 16:33 | お産 | Comments(0)

地球宿 焼き芋

お産が終わり、地球宿で何やら 
「安曇野スタイルin地球宿」 というイベントが開催されているとの情報を聞き
娘達と出かけました。

ご飯も美味しかった。
焼きたてパンも最高でした。食べきれぬ分はお持ち帰りです。

その後私は、お母さん方とおしゃべりしながら(ねっこの会の方ともお会いしました。)2階のお店を物色。素敵な手編みの帽子と出会いました。
b0156557_1001477.jpg

かぶって悩んで、他を見て、またかぶって、そんなことを繰り返しながら
我慢していた欲望が湧き上がってきて購入しました~(^v^)。
これだから女の人の買い物には付き合ってられないんだろうなぁ~男の人は。

子供達は焼き芋をするとの事で、外で賑やかく遊んでおりました。
b0156557_9413979.jpg

望さんが焼き芋焼いてます。
大きいの100円 小さいの50円 子どもが並んで買っていました。
ちょっと上手く撮れなかったけど、もっとたくさんの子供達がいて、かなり賑やか。
外には遊具もあまりないけれど、みんなで自然のものを使って何をするか考えながら遊んでいます。
それって大事なことだなぁと思いました。
そんな場面を見ながら自分が小さかった頃のことを思い出していました。
子どもの想像力は素晴らしい。
みんな逞しく成長しほしいな。
[PR]
by oka-ayuharu | 2008-11-15 10:21 | 日々の出来事

お裁縫

またご縁があり、一人の妊婦さんを受け持たせて頂くことになった。
遥花を連れて健診に行った。
車を走らせながら、「ドップラー(心拍を確認する機械)持ったっけ・・^^;?。」
又、私の忘れ癖だ。。もう一度確認。
あったあった(^^ゞ
すると中にあるものが入っていた。
b0156557_15591954.jpg


そういえばこの前お産を終えた友達が、さらっと
「ドップラーのケースの中に何か入ってるかもしれないけど。」
と言っていたのを思い出した。
手作りのティッシュケースと電池入れ。
何だかジワジワと胸の奥からあったかいものがこみ上げてきた。
全くやってくれるなぁ・・(#^.^#)  ありがとう!

組織に入ってガシガシ働いていた時は、極端なことを言えば、
古くなったものは捨てて、又新しい物を買えば良いと思っていた。
でも最近は買うのも捨てるのも一息ついて考えるようになった。
いろんなものと引き換えに今は比較的時間のゆとりがある。

ほつれた電気カーペットのカバーも継はぎすれば、愛おしく思えてくる。

縫い物とは、物を大切にする気もちを思い出させてくれる。
そして大切にしたいという気持ちを湧き立たせてくれる。

最近子ども達に「もったいない もったいない」と常々言っている自分に気づく。
まぁ、電気代やら水道代やら何やらをケチる為でもあるんだけど・・・。

それは昔、親や祖父母から言われた言葉。
当時は「も~うるさいな~。」とか思っていたけど・・。
大事な言葉なんだなぁ。

繰り返し未来へ受け継いで行ってほしい。
[PR]
by oka-ayuharu | 2008-11-11 20:01 | 日々の出来事 | Comments(0)