あゆみ はるか かなたへどこまでも ayuharu.exblog.jp

あゆみ助産院(出張専門)    日々の出来事


by OKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お裁縫

またご縁があり、一人の妊婦さんを受け持たせて頂くことになった。
遥花を連れて健診に行った。
車を走らせながら、「ドップラー(心拍を確認する機械)持ったっけ・・^^;?。」
又、私の忘れ癖だ。。もう一度確認。
あったあった(^^ゞ
すると中にあるものが入っていた。
b0156557_15591954.jpg


そういえばこの前お産を終えた友達が、さらっと
「ドップラーのケースの中に何か入ってるかもしれないけど。」
と言っていたのを思い出した。
手作りのティッシュケースと電池入れ。
何だかジワジワと胸の奥からあったかいものがこみ上げてきた。
全くやってくれるなぁ・・(#^.^#)  ありがとう!

組織に入ってガシガシ働いていた時は、極端なことを言えば、
古くなったものは捨てて、又新しい物を買えば良いと思っていた。
でも最近は買うのも捨てるのも一息ついて考えるようになった。
いろんなものと引き換えに今は比較的時間のゆとりがある。

ほつれた電気カーペットのカバーも継はぎすれば、愛おしく思えてくる。

縫い物とは、物を大切にする気もちを思い出させてくれる。
そして大切にしたいという気持ちを湧き立たせてくれる。

最近子ども達に「もったいない もったいない」と常々言っている自分に気づく。
まぁ、電気代やら水道代やら何やらをケチる為でもあるんだけど・・・。

それは昔、親や祖父母から言われた言葉。
当時は「も~うるさいな~。」とか思っていたけど・・。
大事な言葉なんだなぁ。

繰り返し未来へ受け継いで行ってほしい。
[PR]
# by oka-ayuharu | 2008-11-11 20:01 | 日々の出来事 | Comments(0)

初心に帰る

「お産の前は、自分の問題が表面化してきて、何故かその答えは、お産からもらえる」
と言っていた師匠。
最近それは本当かもしれないと思うようになった。
何せ、師匠の言葉は、後になって「そうか、そういうことだったのか・・・。」と
経験となって理解させてくれるからスゴイ!
いつも、お産の時は、その時のあるテーマが自分の中に出てくるのも事実だからだ。

今回も、ある人と向き合っているうちに、自分の中にある問題が浮上してきた。
人は、いろんなことに向き合うたびに、閉めていた蓋を開けていくのだろうか?
少しシンプルに考えてみたくなった。

家の中を掃除して、いらないものを整理していくうちに、ふっと言葉が浮かんできた。

「初心に帰れ」

そうか、そういうことか・・・。
(それにしても、家の中のお掃除は、本当に自分の心もお掃除してくれるんだなぁ。)
そんな事を考えているうちに、長女が引き出しからあるものを引っ張り出してきて、
「ママこれに落書きしていい?」と言ってきた。
「これ」とは、H18年のスケジュール帳。開業を決心した年。
開いてみたら、次女のお産の日記が記してあった。
忘れてた記憶をたどることにした。
長女の出産を自然出産すると決めたときから、少しずついろんなことが変わりだした。
病院に戻ってから、いろんなことにジレンマを感じながらも、働き続けた。
本当に私のしたいことは何なんだろう。
もっと地域で働きたい・・・ふつふつと湧いてきた答えだった。

不思議なことに、産科病棟がなくなるという事態になった。
病院で、ある切迫のお母さんと話をしたことがあった。
「私は、多分切迫がひどいから、病院でしか産めないけど、
そうじゃなかったら、自宅みたいなところでのんびり産みたいな。
岡村さん、そんな人たちはいっぱいいるはずです。
頑張って下さい。応援してますよ!」

あの時産まれた子は今何歳になっているんだろう。

今でも、何か、大きなものに背中を押されているような気がしている。

この道に進むと決めてから、いろんな事に直面しながら、もう逃げる事はできなくなった。
でも、今回は、生ぬるいお湯に少しつかってみたくなった。
私(人間?)はどうも、楽な方に楽な方に考えが動いてしまうようだ。。。

私が選んだ自然出産はそうじゃなかった。
自然出産をしたいと決めてから、ありのままの自分と向き合っていくのだ。

私の尊敬するヨガの先生がこんなことを言っていた。
「何かを犠牲にしても、自分の信念を貫き通した人は、必ず成功します」と。

まだまだ、これからだ。細々と自分のできることからやって行こう。
誰が決めたのでなく、私が決めた道なのだから。

紅葉がはじまっている。
b0156557_22514966.jpg



産まれたい場所で、産まれたい時に出ておいで。
[PR]
# by oka-ayuharu | 2008-10-27 22:54 | 日々の出来事
はるかの誕生日。
彼女は2歳になりました(^O^)!おめでとう!
彼女が1歳になってから、いろんな事がありましたが、二人とも逞しく成長しています!

プレゼント、何にしようか考えましたが、絵本にしました。
b0156557_0385360.jpg


一人ぼっちのくまのところに、ウサギが訪ねてきました。
くまは嬉しくて、一生懸命ウサギのためにいろんなことをします。
でもウサギはニコニコするだけで、何も言ってくれませんでした。
ある日、くまはそんなウサギを不満に思って大きな声で言うのですが・・・

絵本は時に、痛いところをついてきます。

「自分本位になっていないだろうか?
 君のためにやっていると思いながら、見返りを期待していないだろうか?」

それをシンプルに描いている、作品でした。
たまたま、私達の元に来た絵本です。

今日はこれを読んで寝ようねzzz。

おやすみ  愛してるよ(^^)
[PR]
# by oka-ayuharu | 2008-10-24 01:03 | 子育て | Comments(0)

山形村の温泉

お産の待機が始まる。
その前に、彼女達をどこかに連れて行かなくては。。。。(^_^;)
とは言っても、いつもと同じパターンになってしまう。

山形村の物産センターに行って、1週間分の野菜を買占め、
古民家で、割烹着を着たおばちゃんが作ってくれるお蕎麦を食べて、
そのまま車で山を登って町営の温泉?に行く。少しづつ紅葉も始まっていた。
お蕎麦のお店も、温泉も人がいなくていい。

彼女達は、まだ小さいし、大きな声で騒ぐし喧嘩もする。

この温泉は、パノラマで景色が見れてとても気持ちがいい。貸切風呂だ!(#^.^#)
彼女達もいつになくはしゃいでいた。紅葉が深くなれば、もっと気持ちいいだろう。
最近はるは、あんみのマネばかりしている。彼女に怒られても??必死でついて行き
また、お互い笑って話している。

最近、「はるか~。はるかがいてくれて良かったよ~。」と、
あんみがはるかに抱きついて言っていた。
????突然そういうことを言うのだが、なかなか面白い。。。

ママは君達がいてくれて人生何倍も楽しいよ!!

b0156557_16345342.jpg

お産が一段落したら、また来ようね!
[PR]
# by oka-ayuharu | 2008-10-24 00:32 | 子育て | Comments(0)
昨年9月に自宅出産したあかりちゃんに会いに行った。
とっても大きくなっていてビックリ!!

あかりちゃんのお母さんがいなかったら、今の自分はないだろう。
初めて自宅出産を担当する私に、「よろしくお願いします!」とニコニコしてOKしてくれたお母さん。

とっても度胸が据わっている。きれいで頼もしいお母さんです!

当日会うことを決めて、お会いした時、「昨日岡村さんの夢を見ました~。」と言っていました。
スゴイ!  

b0156557_1761088.jpg



遥花がまだ、11ヶ月のとき、あかりちゃんのお母さんのお産に携わらせてもらいました。
その後も、1つ1つの出会いが、私を成長させてくれています。

悩んで悩んで、失うものもたくさんあったけれど、
また、たくさんの出会いが私を強くしてくれると信じています。

ありがとう!!

陣痛が弱くて、時には、しゃがんだり、壁に寄りかかったりしながら、
運動公園を散歩したり、それでも前向きに、「頑張る。」って言っていた
あかりちゃんのお母さんは本当に素晴らしかった!安産だったね!
立ち会ったお父さんも、とっても喜んでいたのを思い出します。

帰るとき、あかりちゃんのお母さんが涙ぐんでいるのを見て
私も思わず泣きそうになりました  うれし涙(/_;)

また 会おうね!

Happy Birthday おめでとう(^^)
[PR]
# by oka-ayuharu | 2008-10-10 22:58 | お産 | Comments(0)

あゆみ 運動会

10月1日(水)
あゆみの運動会です。
雨は上がったけど、少し肌寒い一日(=_=)
それでも子供達は元気です(^^)
b0156557_1605715.jpg

年中組は、黒の上着でおそろいです。
竹ぽっくりで歩いて~、ヒモを結んでいます。
(あゆみ~そんなに丁寧に結ばなくてもいいよ~。) 
不器用な私に比べて、良くも悪くも彼女はとても丁寧。
そうだ、母と子は違う生き物だったね・・(^v^)

私が保育園で、忘れ物をして「ゴメンあゆみ。あれ忘れちゃった(>_<)」と言っても、
彼女は「いいよママ、あっち使えばいいじゃん。」と言っていつも私を助けてくれます。
いつも、そんなあゆみに、ママは甘えているね。ゴメン(T_T)
彼女達は大人より、成長している気がします。
b0156557_1612578.jpg

「あ~みちゃんがいるよ。」 遥花も見に来ました。
b0156557_162297.jpg

あや先生が「お~!」ヽ(^o^)丿
b0156557_1623099.jpg


この日のラストは年長さんのリレー。
一人ひとりが、懸命に走って、バトンをつないでゆく姿はとても感動でした。
一人が、一周するたび、
「僕(私)はこんなに成長したんだよ」って一生懸命みんなに伝えている気がして、
涙が出てきました。
最後テープを切るところは素晴らしかった。

順位をつけていたとき、あ~いいなぁと思い、
昔お坊さんが言っていたことを思い出しました。
”かけっこで、順位をつけずに走るなら、人と争う心も芽生えないかもしれないが、自分自身に打ち勝って努力することさえも放棄してしまう”

子どもにとっても親にとっても大事な行事なんでしょうね。
今日は君が主役でした。
b0156557_1625549.jpg

ありがとう!
[PR]
# by oka-ayuharu | 2008-10-05 22:21 | 子育て | Comments(0)
9月30日(火曜日) いどばたキッチンが開催されました。

以前”あずみのうぶごえネットワーク”を立ち上げてくれた穂波ちゃんのお母さん。言い伝えられたことは

『旬のもの、地物、本物の調味料を軸に、特定の栄養学や調理法にとらわれることなく、
シンプルで食卓にさりげなく上るようなお料理を心がける。
栄養・食事指導が目的でもなく、
みんなでワイワイ作って、食べて、情報交換して、おなかも心も満たされて、
家に帰って一品くらい作ってみようかなって思える料理をめざそう』  です。
今日は全員で12人 子どもも入れればその倍プラスです。とっても賑やかでした(^◇^)


★本日のメニュー★
稗入り7分付き米
生春巻き 
長ネギスープ
ハッシュドパンプキン 
ほうれん草の豆腐マヨネーズ
ホットすりおろしりんご


みんなでおしゃべりしたり、手を動かしたり、おっぱい飲ませたり、抱っこしたり、
いろいろあっていい、それが”いどばたキッチン”のいいところです。
お料理もしたい人がすればいいのです。みんな手際よく行っていますよ。
b0156557_21594756.jpg

みんな にぎやかに  「お母さんおかわり~」
はるかも汚しながら食べてます(#^.^#)。
中央一番奥にいるのが、ちかちゃんのお母さん。
ちかちゃんのお母さんがいないと、今や、キッチンは成り立ちません。ありがとう!
b0156557_2234751.jpg


今日の感想
・稗入り7分付き米
子どもがおかわりして食べてました。私もおかわりしましたよ。
・生春巻き
鶏ハムがいい味出してました。小松菜も美味しかったです。ゴマたれをつけると又美味しい
・長ネギスープ
ゴマ油で、長ネギを炒めると香りが出て美味しかったです。昆布と干ししいたけのだし汁と塩だけで、深い味がでましたね。
・ハッシュドパンプキン 
塩が効いて美味しかったです。ご飯にもあいましたね
・ほうれん草の豆腐マヨネーズ
ゴマがいいですね。これは好評でした
・ホットすりおろしりんご
杏入り白玉団子が入ったりんごのとろみスープ 子どもが喜んでおかわりしていました。


小さい子どもを連れてのお母さん達は本当にパワーがあります。そしていろんな情報をお互い知り得ることで、またまた元気になっていきます。
家族を支えるお母さんが元気でないと、家族の人たちも元気になれません。
食べて、しゃべって、又元気になって、お家に戻ってパワーを与えてくださいね!

こういう会は、細々とでもずっと続けていきたいな~って、ちかちゃんのお母さんと話していました。きっと続けていく役目を与えられたんだろうなぁ~って思います。
次回は11月~12月  また楽しみです。
[PR]
# by oka-ayuharu | 2008-10-01 22:39 | サークル | Comments(0)

地球宿

ブンブンの結婚10周年の記念日に、我が家も安曇野の地球宿に泊ることになった。
こんにちは  どうぞどうぞ  
なんだか  前から知っているお友達の家に遊びに来た気分だった。

b0156557_23232518.jpg

子供達は自由気ままにお庭や家の中で遊び
b0156557_23305897.jpg


私達は枝豆を取っている 無農薬有機枝豆 はるかはバクバク食べていました。
b0156557_23362536.jpg

そして、その夜イベントが始まりました。
ブンブンパパのピアノ  (忙しいながらもいっぱい練習したんだろうなぁ)
b0156557_23313085.jpg


花束と手紙     やっぱりいつになっても手紙はいいね  つられて泣けてきたよ
昔、おばあちゃんが誕生日に、「何にもいらないけど、くれるとしたら手紙がほしいよ」
と言っていた言葉がよみがえって来ました。
今なら、おばあちゃんの気持ち分かるな~(^^)
ブンブンは幸せものです(*^^)v
b0156557_23315229.jpg


悦子さんの焼いたりんごのケーキ   とっても美味しかった 
b0156557_23321595.jpg


この日とっても美味しいお酒をいただいた。酔い酔い気分(*^。^*)
子どももみんなで遊ぶと楽しいんだろうな。キャーキャーの騒ぎでした!
子どもが眠くなり、一時休憩で、子どもと一緒に布団の中へ・・・
みんな爆睡にて、誰一人起きてきませんでした。。
幸せな余韻を残したまま、次の日へ~

お産した、はる君 あきちゃん 和音(なお)くんのお父さんが夜勤明けで帰ってきました。
ご家族で、自宅出産後、地球宿に泊っています。
(産後沐浴や食事の管理も、地球宿ではしてくれています。)
なんと、プレゼントということで、尾崎豊の”I LOVE YOU”をギター片手に歌ってくれました。
声が素敵で、またまた、泣けました。。
b0156557_23325443.jpg

そしたら、望さんが、子持ちの家族みんなにささげます!と言って
オリジナルの歌を披露してくれました。
8番まであって、望さんの人生の列車の旅?の歌でした。
最後に、
”この、列車の旅は、もう一人だけの旅ではなくて、
でも、これからも、向かい風に勇敢に立ち向かっていく 冒険者でありたい”
という詩がいつまでも私の心に響きました。   
b0156557_23334771.jpg

いろんな家族の愛に触れることができました。 ありがとう!!
地球宿 万歳!!!
b0156557_233446.jpg
[PR]
# by oka-ayuharu | 2008-09-29 23:39 | 日々の出来事 | Comments(2)
カイポさんのワークショップが始まると同時に、
待っていたお産が始まりました。
白馬と明科とを往復しながら、
9月11日の明け方、元気な男の子が、自宅で産まれました。

白馬でスローライフを楽しんでおられるご夫婦。

そこに行くと時間を忘れます。妊婦健診の時でさえ、私が癒されていました。

お互いを尊重し合いながら、楽しく生きている姿が思い出されます。
「これから、自分はどう生きて行くべきか」を考えさせられた出会いでした。

妊娠中は、フラダンス、スクワット、薪割り、専門のアロマなどなど、
自力で産むために、一生懸命自分の体と心と向き合っていたお母さん。
そして、それを支えていたお父さん。
いろんな手作りの物も作っていました。(私も見習いたいな)
予定日が過ぎてからも、いろんな事を考えましたが(私が考えても仕方がないんだけど・・)
あのお父さんとお母さんの子だから、絶対「生命力」が強いはず。
自然に産まれてくる。産まれてくる。
思い込みもあったかもしれない。けれど、それは、お産の経過とともともに確信へと変わったのでした。
b0156557_2049860.jpg


産まれた後、ご夫婦で「この子が、この日を選んだのだからkaipoさんのエネルギーをもらいたかったんだね。」と話していらっしゃいました。
まるで計算していたかのように、kaipoさんの来日する日を選んで生まれてくるなんて、碧君はやってくれます(^_-)
お父さんの素敵な歌声、お母さんの涙、「ありがとう」の響き。
何だか思い出すだけで涙が出ます。

とても素敵なお産をありがとう。

月形の翡翠、大事使わせてもらいます。そして日々精進していきたいです。

おめでとうございます!そしてお疲れ様でした。

  はるかも一緒に
b0156557_23212651.jpg



  
[PR]
# by oka-ayuharu | 2008-09-27 00:41 | お産 | Comments(0)

kaipoさん来日

20.9.10  kaipoさん’sワークショップが始まりました

今回は、途中からの参加だったけど、それでも、カイポさんは覚えていてくれて、
講演の途中で、「Hello~!!How are you?」と来て、ハグしてくださいました。
Kaipoさんの胸の温かさと共に、この前ボロボロだった自分自身がよみがえってきました。
前回5月のとき、次Kaipoさんが来るとき、私はどうなっているんだろう・・・。
全く想像できなかったけど、今こうして、笑顔でkaipoさんとお会いできるのが嬉しくて仕方ありません。
ponoになれたと言うのはおこがましいかもしれませんが、
いろんな自分自身の喜怒哀楽と向き合って(ほとんど怒哀ですが)、ストンと何か心に落ちた時、ponoになれた気がして、やっとkaipoさんに正面きって会える、そんな気がしたのです。
そして、平和が訪れました。

自分自身に、何か悩みがある時はお産も入らないんだなぁと実感しました。

今回も、やはり、助産婦に対しての眼差しは真剣でした。

そして、ロミロミの奥深さを学びました。
偶然にして、自宅で産まれた碧君が、出産後お母さんのお腹の上で吸ってしまった羊水を吐き出したそうにしていました。何気なく背中から私なりのロミロミを始めると、しかめっつらして泣いていた碧君がおとなしくなり、5分位で呼吸も穏やかになりました。
”やっぱりロミロミマッサージはすごい!”

”助産婦はどんなときも、いつも気づいていなければならない”
 
  日々精進して行きたいです。
 
しかしオオバコはどんなものにも効きますね。

kaipoさんの奥さんもいらっしゃいます。みんなでアロハ~
b0156557_2022103.jpg


kaipoさんと こずえと
b0156557_20231820.jpg



最終日はkaipoさんのライブの日です。
(詳しくは http://m-miya.blog.so-net.ne.jp/2008-09-27)
子どもも含めれば100人位に
なったでしょうか。 会場も素敵なところです。
浴衣3人衆で、受付をやりました。
imoimoメンバーのひなちゃんのお母さんが、浴衣を貸してくれて、おまけに着付けまで
してくれました。師範の免許もあるそうです。ビックリですね。
ひなちゃんのお母さんは3人目がお腹にいます。もうじき出産予定。楽しみです。
因みに草履と帯は、白馬でお産した碧君のお母さんにいただきました。ありがとう!
みんなそれぞれ素敵な特技があるんだね(^_-)。スゴイ!

b0156557_2024384.jpg



素敵なkaipoさんのハワイアンソングと、フラダンスしている美しい姿と悩ましい腰つきにうっとりの2時間でした。あんなに美しく踊れるようになりたいなヽ(^o^)丿  楽しかった!


みんなみんなハッピーになあれ!
[PR]
# by oka-ayuharu | 2008-09-27 00:35 | WS・イベント・講演会 | Comments(0)